TOP > ニュース 一覧

【Krush】ライト級トーナメント開催、“金的因縁”の堀井翼と南雲大輝が一回戦で激突=7.24後楽園

2021/06/04(金)UP

第6代Krushライト級王座決定トーナメント(C)K-1

 7月24日(土)に東京・後楽園ホールで開催の『Krush.127』で「第6代Krushライト級王座決定トーナメント」が開幕することが、3日、都内にて行われた会見で発表された。

 Krushライト級王座は、前王者ゴンナパー・ウィラサクレックがK-1と2冠を達成し、K-1の舞台での活躍を目指すことと、若い選手にタイトル獲得のチャンスを与えるという意味合いで、昨年王座を返上しており現在空位となっている。

Krush王座を返上したゴンナパー(右肩がK-1、左肩がKrushのベルト)

 今大会では参加選手8名による王座決定トーナメントの一回戦4試合を実施し、9月24日のKrush後楽園ホール大会において、勝ち上がった4選手による準決勝、決勝戦のワンデートーナメントが行われる。

 1回戦では堀井翼(26=K-1ジム五反田チームキングス)と南雲大輝(27=八光流柔術総本部)の因縁対決が決定。両者は昨年6月に対戦し、南雲(当時のリングネームは金子大輝)のローキックが3回も堀井にローブローとなってしまい、南雲が反則負けをしている。その後、再戦が組まれたものの堀井の怪我により流れていた。

南雲(金子)のインローが3度も堀井の金的に直撃した瞬間(2020年6月)

 会見で、堀井は「一番ダークホースの俺がひっくり返すんでお楽しみに」と意気込む。南雲のことを「ゴンナパー選手とやっていて、いいパンチを持っていると思うし。あと、初戦で戦った時の金的蹴りがあるから、そこの二つに気をつけて、次の試合に挑んでいこうと思うよ」と評する一方、「準決勝も決勝も南雲選手でお願いします」と金的を蹴られたことをかなり根に持っている様子。ベルトに関しては「俺的にはめちゃくちゃ涙とかよだれとか●●●が出るほど欲しいから、無理くりにでも獲りに行こうと思っている」と王座獲得へ燃える。

トーナメント出場選手8名(C)K-1

 対する南雲は、ミャンマーラウェイで日本人として現地で初の王座を戴冠した後、K-1グループに参戦するも現在5連敗と苦しい状態が続いている。南雲は「K-1 JAPAN GROUPに参戦してから5回だか4回だかKrushされている(負けている)んですけど、そのうちの1回は堀井選手の“モノ”をKrushしてしまっていますし、だからKrushされないことと変な方向にKrushしないようにということで頑張ります」とコメントした。

強烈なキックを見舞う瓦田(2020年7月)

 現在5連勝中と波に乗る瓦田脩二(27=K-1ジム総本部チームペガサス)は、昇也(21=士魂村上塾)と対戦。Krushの初代ライト級王者は、瓦田がK-1ジム総本部で指導を受ける梶原龍児代表だっただけに「ここは自分が獲るべきだなと思っています」とベルトへの想いは強い。瓦田は中村プロデューサーからも「実績的にベルトの一番近くに来ている」と高い評価を得ている。
 対する昇也は第4代Bigbangスーパー・ライト級王者で今年4月にKrush初参戦したばかり。KO勝利が評価され、2戦目にしてトーナメント出場となった。

飛びヒザでダウンを奪う里見(2018年5月)

 今年4月に堀井に勝利した里見柚己(23=team NOVA)は川﨑真一朗(29=月心会ラスカルジム)と対戦。川崎は2019年に瓦田をKOしたが、その後3連敗しておりトーナメントで再起をかける。

 今年3月の『K’FESTA.4 Day.1』で瓦田に飛び膝蹴りでまぶたをカットされてドクターストップ負けし、リベンジに燃える東本央貴(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、安保瑠輝也率いるteam ALL-WINの弘輝(24=team ALL-WIN)と対戦する。

 果たして、ゴンナパーに続くKrushライト級王座はどの選手が手にするのか。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報はこちら

 

≫次ページはトーナメント出場選手のプロフィールとファンへのメッセージ

●編集部オススメ

・[堀井翼と南雲大輝の前戦]堀井翼が反則勝ち、ローブローで試合続行不可能に

・【Krush】堀井翼がラウェイ王者・金子大輝の天然ぶりに怒り、”カメラボクシング”で前哨戦(動画あり)

・【Krush】瓦田脩二、力を込めた豪快パンチで里見柚己にフルマーク判定勝利

・【Krush】計量パスの“全裸新聞”堀井翼、はぎ取るとそこには何と…試合は「250%KOする」と豪語

・【Krush】堀井翼、ファイトマネーを全投資して宣伝トラックを走らせる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧