TOP > ニュース 一覧

UFC契約解除の41歳アリスター・オーフレイムがキックに電撃復帰、世界最大キック団体GLORYと契約

2021/06/09(水)UP

元K-1WGP王者アリスター・オーフレイムがキック電撃復帰、世界最大GLORYと契約@alistairovereemより

 先日UFCと契約解除し、その去就に注目が集まっていたアリスター・オーフレイム(41=オランダ)が、世界最大のキックボクシング団体GLORYと複数試合契約したと、8日に同団体の公式サイトで発表された。

 また、アリスター本人も8日に自身のSNSにてGLORY行きを示唆する2つの映像を投稿。1つ目の映像では、UFCのロゴが入ったオープンフィンガーグローブをつけたアリスターがそのグローブを床に置き、続く2本目で、アリスターは、歩いた先に置いてあるGLORYの文字が入ったキックボクシンググローブを着用。最後に「#I AM BACK(私は復帰する)」のメッセージで締めくくられている。

▶︎【動画】アリスターがUFCのオープンフィンガーからグローリーのグローブにはめ替える衝撃映像

ピーター・アーツと対戦するアリスター(右)

 アリスターはMMAと並行しながら1999年にプロキックデビューし、2010年にK-1WGPで優勝。それ以来のキックボクシング復帰となる。キックボクシング戦績は10勝4敗。

 アリスターはMMAで過去、DREAMとStrikeforceの2団体でヘビー級王座のベルトを巻き、キャリア最後の目標としてUFCのベルト戴冠を目指していたが、タイトル戦を見据えた今年2月のアレクサンドル・ヴォルコフ戦でKO負け。3月にUFCと契約解除となり、ベラトールやRIZINなどの別MMA団体の移籍や現役引退の可能性が上がっていた。

“ピーター・アーツ2世”の愛称を持つ現ヘビー級王者のヴァーホーベン(右)©️GLORY

 気になるデビュー戦の時期と対戦相手についてまだ具体的な発表はないが、アリスターのマネージャーの話として、初戦は年内の見込みになると、米スポーツ専門放送局『ESPN』が報じている。

 対戦相手はアリスターの実績や知名度から、いきなり“ピーター・アーツ2世”の愛称を持つ現ヘビー級王者のリコ・ヴァーホーベン(31=オランダ)の可能性もあるとし、また、アリスターと過去1勝1敗の対戦成績で終わっている、元K-1世界王者で同級3位のバダ・ハリ(36=オランダ)との決着戦の期待もあるだろう。

バダ・ハリ復帰戦となる『GLORY78』の大会ポスター©️GLORY

 バダ・ハリは717日(土・現地時間)にオランダ・ロッテルダムで開催予定の『Glory 78』のヘビー級ワンマッチで、同級8位のアーカディウス・ウルソーセック(29=ポーランド)と対戦するが、オランダ在住のアリスターがその試合を観戦し、自身の復帰戦について何か発言するかもしれない。今後の動向に注目が集まる。

▶︎次ページ(動画)は、アリスターがUFCのオープンフィンガーからグローリーのグローブにはめ替える衝撃映像

●編集部オススメ

・【RIZIN】UFC離脱のアリスター・オーフレイムがRIZINで引退試合か、榊原CEO「彼と仕事するのは問題ない」と獲得に興味

・(動画あり)“悪童”バダ・ハリ、7月の復帰戦に向けてGLORYが“秒殺KO”トップ3映像を公開、巨人シュルトも秒殺される

・(動画あり)顔が弾け飛ぶ!バンナがアーツを倒した伝説の一戦など、豪快KOベスト10映像が公開=GLORY

・(動画あり)三角絞めと腕十字の同時攻撃で失神!無名アフガン戦士が見事に一本勝ち=海外MMA

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧