TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】タップせず失神一本負けの朝倉未来「ドームのメインは自分の宝」「一度引退も含めて考える」

2021/06/13(日)UP

敗戦を喫した朝倉が試合後インタビューに応じた。

 6月13日(日)東京ドームで開催された『Yogibo presents RIZIN.28』のメインイベントで、クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)に2R三角絞めで一本負けを喫した、朝倉未来(トライフォース赤坂)が試合後インタビューに応じた。

【フォト】クレベルの三角絞めが極まり朝倉が失神する瞬間

 朝倉は序盤からクレベルの寝技を序盤から凌ぎ、1Rは自身の得意なパンチをヒットさせるなどリードしたが、2Rにクレベルの三角絞めでタップせず失神で一本負けを喫した。
 朝倉は会見場に姿を現し「悔しいですけど、今回試合をやって良かったなと思いました。今後は一度引退も含めて考えてみてって感じですね」と率直な思いを語った。

朝倉のパンチで身体がくの字に曲がるクレベル

 対戦したクレベルについては「結果的に強かったなと思います」と称えた。クレベルにパンチをヒットさせた場面もあった朝倉だが「目が死んでなかったので行きすぎると危ないかなと。寝ても大丈夫な強さと、うかつに入れないのが強さだと思う。効いていたのは分かるけど、戦意喪失していなかったです」と振り返った。

 フィニッシュになったシーンについては「最後はコーナーポストに押しつけていて、あそこから入ってこないと思ったけど入ってきましたね。ちょっと油断しました。タップするという選択はなかったですね」と極まる位置とは思わなかった場所からの三角絞めに驚いたようだった。

朝倉に三角絞めが極まり失神させる瞬間

 東京ドームで試合が出来たことについては「この歴史的な東京ドームの大会、メインで試合ができたことは今後は自分の宝になる」とコメント。「格闘技を始めて、結構な月日が経って10年くらい、アウトサイダーから始めてこんな大舞台にも立てたのですけど、ここで負けた時に格闘技を今後やっていく意味があるのかどうかが自分の中にある。自分の幻想が打ち砕かれたというか、ここまでだったのかと。トップを目指せないとやる意味がないのかなと思うし、格闘技を盛り上げられるなら続けられることもあると思う」と今後については、引退も含めて検討していくとした。

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉未来、衝撃の失神一本負け! クレベル・コイケが三角絞めで絞め落とす

・【RIZIN】東京ドーム大会全試合結果

・【RIZIN】朝倉未来「実績は相手が上、人生最大に追い込んだ」あと2日で5kgの減量計画と意気込み

・【RIZIN】サトシ・ソウザがムサエフに“芸術的な三角絞め”で一本勝ち!涙のライト級王座戴冠

・【RIZIN】朝倉海が“豪腕パウンド連打”で渡部に初回TKO勝利、圧倒的強さでトーナメント1回戦突破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧