TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】梅野源治が久保賢司と公開練習でキック仕様に! 皇治に完勝を予想「僕に倒される、すぐ決まる、触れられない」

2021/06/15(火)UP

梅野が久保賢司の持つミットにパンチを叩き込む

 6月27日(日)丸善インテックアリーナ大阪で開催される『RIZIN.29』では、キックボクシング(-61.0kg)の4人制ワンナイトトーナメントが行われる。

 一回戦で元K-1の皇治(31=TEAM ONE)と対戦する、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(32=PHOENIX)が公開練習を行った。

 2分2Rの公開練習。梅野は1R目にはキックミットに、得意のミドルキックを中心にかけ声と共に蹴りつける。2R目、パンチミットの持ち手は、RISEやK-1で活躍し、元プロボクサーでもある久保賢司だ。梅野は途切れぬステップから繰り出すパンチをリングをフルに使って打ち込み続けた。

梅野の強烈な右ストレートが久保のミットに直撃する

 練習後の囲みで梅野は、1回戦の相手・皇治について「気持ちで戦うファイター。打たれても打たれても、諦めずに勝利を信じて仲間のために戦う選手」と評した。

 試合展開については「彼は自分からパンチを出すタイプではなく、打たれてから打ち返す、待ってから返すイメージ。待っている間に、僕に倒されちゃうんじゃないか。すぐに決まるかもしれないし、僕に一切触れることが出来ず完敗するんじゃないか」とKO勝利か、完封勝ちかどちらかになるだろうという。

■名門・パージ東京とタッグ組み「ムエタイの戦い方はいったん捨てた」

強烈な左ミドルでRISE王者を封殺する梅野

 もう一方の山では、19年のRISEワールドシリーズ決勝で梅野が敗北した白鳥大珠(25=TEAM TEPPEN)と、NKB二階級制覇者・髙橋亮(25=真門ジム)が決勝を争う。
 梅野は「白鳥選手が上がってくるんじゃないか」と予想した上で「今回はどちらが上がってきてもいい。このキックトーナメントは、優勝するかしないか」と優勝への執念を見せる。

 白鳥へのリベンジよりも、優勝そのものが目的だとする梅野。その理由を「ムエタイ世界最高峰のベルトを獲った男が、RIZINキックトーナメントでも『やっぱりムエタイはすげえな』と認知させたい。そういった意味で、誰に勝つという部分にはこだわっていない」とムエタイの強さを証明したいと語る。
 また「理想を言えばキリがなくて、白鳥選手ともやりたいし、全試合KOもしたい。でも記憶よりも記録だと思う。どんなに良い試合をしても負けたら記録に残らない」とこの大舞台で優勝することが大事だと再度語る。

元K-1王者 久保優太のジムで練習する梅野(梅野源治Twitterより)

 優勝するため、組みヒジ無しのK-1グループで結果を出し続けている『パージ東京』にも出稽古し、元K-1王者・久保優太やその弟の賢司らと練習を積んできた。
 梅野は「ムエタイとキックとは使っていい技が似ているので、違いは組みやヒジの有りなしだと思われている。でもやっているほうからするとかなりの違いがある。構えの違いや距離感」と語る。続けて「ムエタイの構えだったら、キックルールでこの技は打てないなど、構えやスタイルをトレーナーたち皆と研究し、作ってきた」とチームぐるみで、キックスタイルにシフトチェンジしてきたと言う。

 さらに「ムエタイの戦い方はいったん、構えから捨てて、キックボクシングというルールにフォーカスを当てた。公開練習ではお見せ出来なかったけれど、今回は今までとは違った構えをお見せ出来る」と完全キック仕様の梅野が完成しているようだ。

 最後に「皇治選手にしっかり勝って、皇治選手のファンも味方につける。リスペクトされるような試合をして、皇治選手の思いを拳に乗せ、皇治選手のファンを背中に乗せて優勝したい。ムエタイ代表と言ったらおこがましいけど、ムエタイ世界最高峰のベルトを巻いた、ムエタイ代表のつもりで戦うので、応援よろしくお願いします」と様々な思いや応援を力に変え優勝すると誓った。

●編集部オススメ

・皇治が”日本ムエタイ界の至宝”梅野源治に「今はピークではない、ボコボコに殴り合いたい」と挑発も、梅野は「喋るのが上手い」と大人の切り返し

・皇治が堂々のトーナメント優勝宣言!梅野源治、白鳥大珠、髙橋亮に「この子たちは脇役、実力で黙らす」=5.30

・皇治はムエタイ、梅野源治はキックへ!? 互いに相手競技のジムで練習し対策、キックとムエタイの長所と短所とは

・GACKTとの出会いと合氣道が梅野源治をさらに強くした

・東京ドーム全10試合を本日早くもYouTubeで配信、再生数では朝倉未来vsクレベルがダントツ人気、弥益vsベイノアは3位に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧