TOP > ニュース 一覧

【DEEP】リベンジに燃える王者・牛久絢太郎「挑戦者らしい試合を」41歳を迎えた中村大介「元気はつらつで2階級チャンピオン」と奪取宣言=前日計量

フォロー 友だち追加
2021/07/03(土)UP

王者牛久、挑戦者中村がともに65.6kgで計量パス

 7月4日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『skyticket Presents DEEP 102 IMPACT』の前日計量が3日都内にて行われた。

 メインイベント第9試合[DEEPフェザー級タイトルマッチ 5分3R]に出場する王者・牛久絢太郎(26=K-Clann)、挑戦者・中村大介(41=夕月堂本舗)が計量に臨み、牛久が65.6kg、中村が65.6kgでともに計量をパス。明日のタイトルマッチの実施が決定した。

前王者・弥益ドミネーターに浴びせる牛久の左フック

 牛久は2014年のパンクラス・ネオブラッドトーナメントフェザー級で優勝し7戦無敗であったが、8戦目で朴光哲に初黒星。18年5月からDEEPに参戦から5連勝で、昨年9月に王者・弥益ドミネーター聡志を破って王座を獲得した。

 対する中村は鋭い打撃と腕十字が得意技の大ベテラン。国内ライト級トップクラスで活躍し、所英男や郷野聡寛に勝利を収め、12年にはプロ10年目にしてDEEPライト級王座を獲得。16年からMMAのリングを離れていたが、昨年9月に強打者・長倉立尚を右ストレートでKOに降し4年ぶりの復活を果たした。

 両者は今年2月『DEEP 100 IMPACT』のノンタイトル戦で対戦し、中村がヒザ蹴りで2R KO勝利。今回のダイレクトリマッチは王座を懸けた一戦となった。

 明日に試合を控えた王者・牛久は「コンディションはばっちりです。明日が楽しみ」と絶好調をアピール。前回は自らが頭を下げることで誘発してしまったバッティングも「対策は十分」と同じ轍は踏まない構えを見せる。

 6連勝で王座を奪取した初戦で中村に敗北したことから、今回は自らを”挑戦者”と位置づけ。「挑戦者らしい試合をお見せします。1Rから目を離さずに、楽しみにして下さい」と、リベンジ達成に強い意気込みを見せた。

軽快な動きで牛久へ繰り出す中村の右ミドル

 対する中村もまた「直前までスパーをする方なんですが、動きもバッチリ。何も問題ありません」とこちらも好調な様子。前回ライト級から1階級下げ初めて挑んだフェザー級戦で王者・牛久を撃破したことに「フェザーはやっと見つけた階級。まだまだやれるなと思います」と手応えを感じたようだ。

 前回はバッティングが多発する展開に苦しみながらも、2Rにヒザ蹴り一撃でKO。この展開は試合中に思いついたといい「試合中にシフトチェンジできた。(バッティングは)すごく痛かったですが、それも込みで楽しかった」と振り返る。今回のフィニッシュは「KOか一本を狙うのはいつも通りですけど、最近腕十字で決めてないので……」とサブミッションでの一本を匂わせる中村。それらすべての感情をひっくるめて「現役バリバリのチャンピオンと戦えるのは本当に幸せ。楽しみたいです」と、明日の試合に喜びを見せた。

牛久「挑戦者の気持ちで」中村「2階級王者に」と両者意気込み

 DEEP2階級制覇に挑む中村は、今年41歳を迎えた。「正直体はしんどい」と苦笑いを見せながらも「ここの試合までたどり着けて、元気にやれているのは幸せ。環境や周囲のメンバーへの感謝の気持ちを忘れずにやっていきます」と語る。
 多くの選手が現役を退く年齢でも第一線で戦える環境に感謝の気持ちを語り、最後に「41歳でもう一回チャンピオンになれるのは、おじさんたちにも力になると思いますので、明日も元気はつらつで2階級チャンピオンになります」と力強く意気込みを見せた。

<計量結果>
▼メインイベント(第9試合)DEEPフェザー級タイトルマッチ 5分3R
牛久絢太郎(K-Clann/王者)→65.6kg
vs
中村大介(夕月堂本舗/挑戦者)→65.6kg

☆この大会の決定対戦カード、チケット、スケジュールはこちら

☆この大会のテレビ・配信情報はこちら

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・ミドル級とフェザー級でタイトル戦決定、共にリマッチの王者・水野vs吉村、王者・牛久vs中村=7.4

・[両者の前戦]40歳ベテラン中村大介、顔面ヒザ蹴りで現王者・牛久絢太郎に衝撃のKO勝利=2021年2月

・”サッカーボールキックKO”で暫定王者となった藤田大和が元暴走族総長・山本聖悟と激突、大山釼呑助が泰斗と1年半ぶりの復帰戦

・王者・武田光司が負傷のため大原樹理vs大木良太で暫定王座戦、ムエタイ三冠・雅駿介がRYUKIとMMA転向2戦目対決

・【RIZIN】優勝した白鳥大珠に宿敵・原口健飛が生観戦し辛口評価「圧倒的勝利とはほど遠い。皇治選手をぶっ倒していれば」互いに再戦への心境を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧