TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】フェザー級頂上対決のパトリシオ・ピットブルとマッキーがブチギレ会見、壇上からベルトが落ちるなど、乱闘寸前の騒ぎに

2021/07/30(金)UP

ベルトを乱暴に持ち上げたマッキー(右)に大激怒のパトリシオ(左)©️Bellator

 8月1日(日本時間)に開催される『Bellator 263』の事前会見が行われ、メインイベントのフェザー級ワールドGP決勝で対戦する、同級級王者パトリシオ・ピットブル・フレイレ(33=ブラジル)と無敗の同級1位、AJ・マッキー(26=米国)が出席した。

 会見の冒頭、パトリシオは「キャリアの最大の戦いの一つ。しかし、これまで、マッキーと同等レベルの選手と戦ったことがあるから、心配などない」と王者の余裕を見せると、マッキーは「この瞬間のために練習を続けてきた。私のレガシーのために戦う。世界王者のベルトを巻いて良い時期だ」と、野心を見せる。

足を出すなど、怒りマックスのマッキー(右)©︎Bellator

 しかし、元MMA選手のアントニオ・マッキーを父親に持つMMAサラブレッドのマッキーは、パトリシオが以前「父親の前で倒す」と発言したことを持ち出し「自分が言ったことを覚えているか?それならば、俺はオマエの妻と子供達の前でオマエを倒してやる。これでどうだ、ディスる会話がしたいんだろ?」と挑発すると、会場の空気は一変。

 パトリシオは「今からやってもいいんだぞ」と持っていたマイクを投げ捨て立ち上がると、マッキーも立ち上がり、乱闘寸前の緊迫状態。言い争いが続く中、壇上の長机に置かれたベルトをマッキーが乱暴に掴み上げると、パトリシオが「これは俺のベルトだ、触るな」と大激怒。さらに、取り返そうしたベルトは掴み損なって壇上から落ちてしまう。

マッキーに侮蔑の言葉を連呼し、指を指しながら会場を後にするパトリシオ©️Bellator

「このベルトはオマエには相応しくない」とマッキーが舌戦を続ける中、パトリシオは最後、椅子を蹴ったりマイクを倒したりしながら、会場を後にした。両者の間に入り乱闘を阻止したコーカー社長だったが、この騒動は想定外だった様子で「明日行われる公開計量はセキュリティーの数を増やして望まないといけない」と語った。

 王者パトリシオはライト級とフェザー級のベルトを持つベラトール史上3番目の2階級制覇王者。前戦となる4月3日の準決勝ではエマニュエル・サンチェスを初回一本勝ちで仕留めるなど、その絶対的な強さに陰りはない。

 対するマッキーは元MMA選手のアントニオ・マッキーを父親に持つMMAサラブレッド。デビュー以来、負けなしの17連勝中。前戦となる昨年11月の準決勝では、RIZINバンタム級王者・堀口恭司と激闘を交わしたダリオン・コールドウェルに、わずか71秒で一本勝ちし、こちらも死角がない。

 この試合はGP決勝であると同時にタイトル戦でもあり、トーナメント優勝者には、優勝賞金100万ドル(約11000万円)が与えられるが、前哨戦から炎上した両雄の対決、軍配が上がるのは果たして、パトリシオか、マッキーか。

▶︎次ページ【動画】は、ピットブルとマッキーの“乱闘騒ぎ寸前”ブチギレ会見!

●編集部オススメ

・【ベラトール】”賞金1億円”フェザー級頂上決戦『パトリシオ・ピットブルvsマッキー』が7.31に決定!

・【ベラトール】王者パトリシオ・ピットブルが“首狩り”一本勝ちで防衛成功、決勝で激突する無敗マッキーと早くも火花

・【ベラトール】僅か71秒の衝撃!“最多連勝”AJマッキーが瞬殺一本勝ち、敗れたコールドウェルは呆然=フェザー級WGP準決勝

・【海外MMA】王座戦でダウンしたノーガードの相手に15発ものパウンドTKO葬、レフェリーストップの遅さが課題に=NCF/ブラジル

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧