TOP > 試合結果 一覧

【ベラトール】僅か71秒の衝撃!“最多連勝”AJマッキーが瞬殺一本勝ち、敗れたコールドウェルは呆然=フェザー級WGP準決勝

2020/11/20(金)UP

僅か71秒の一本勝ち!AJマッキー(右)がコールドウェル(左)を下し、WGP決勝進出!

Bellator MMA
『BELLATOR 253』
2020年11月20日(金・日本時間)
アメリカ・コネチカット州 アンカスビル・モヒガンサンアリーナ

▼メインイベント フェザー級ワールドGP準決勝 5分5R
○AJ・マッキー(米国)
一本 1R 1分11秒 ※ネッククランク
●ダリオン・コールドウェル(米国)
※マッキーがWGP決勝進出

「BELLATOR 253」メインイベント、AJ・マッキーがコールドウェルに衝撃的な一本勝ち(Bellator公式SNSより)

 コールドウェルは学生時代にレスリングの強豪として活躍し、2012年9月にMMAプロデビュー。14年3月のプロ4戦目からベラトールに参戦を果たし、17年にエドゥアルド・ダンタスからバンタム級王座を奪取した。
 18年に来日し、RIZIN初代バンタム級王座決定戦で堀口恭司と対戦も、3Rギロチンチョークで一本負け。昨年6月に堀口への雪辱とベルトを賭けて、ホームのベラトールで防衛戦を行なったが、堀口に判定で敗れ、王座を陥落した。
 復活を目指し、昨年9月に開幕したフェザー級ワールドグランプリに参戦すると、1回戦でヘンリー・コラレス、準々決勝でアダム・ボリッチを下し、4強入りを果たした。プロ戦績は15勝3敗。

テイクダウン成功のコールドウェル(左)

 対するマッキーは、元MMA選手のアントニオ・マッキーを父親に持つMMAサラブレッド。自分の身長より10cmも長いリーチ(187cm)を活かし、フィニッシュ率6割超えのオールラウンダーだ。2015年にベラトールでプロデビューを果たし、以来、負けなしの16連勝と最強ロードを走っている。

 1R、軽快なリズムの両者。ともにサウスポー。お互いにサイドキックを出し合い、遠い間合いから距離を縮める。先に仕掛けたのはコールドウェル。サイドキックからシングルレッグを決め、早々とテイクダウンに成功。トップから強烈な左ヒジを落としながら、自分のゲームを遂行する。 

ネッククランクを決めるマッキー

 刹那、クローズドガードのマッキーがコールドウェルの左脇をすくい、一気にネッククランク。首を前方に大きく畳まれたコールドウェルが苦悶の表情でタップアウト。僅か71秒の衝撃。
 勝利したマッキーはベラトール史上最多連勝記録を「17」に伸ばし、フェザー級ワールドGPトーナメント決勝戦へ駒を進めた。

▶︎次ページは、団体最多連勝記録を持つAJ・マッキーが、堀口恭司と激闘を交わしたコールドウェルを瞬殺一本勝ちした映像

●編集部オススメ

・【ベラトール】堀口恭司と“激闘”のコールドウェルが19戦全勝の“怪物”AJ・マッキーと激突「楽勝だ、早く決着させる」=11.20

・【ベラトール】衝撃の1R KO劇!2階級王者パトリシオ・ピットブルが難敵カルバーリョを下し4度目の防衛成功

・【ベラトール】堀口恭司が接戦の末、コールドウェルを下しバンタム級王座を獲得

・【RIZIN】11.21のチケットが2日で完売、朝倉未来vs斎藤裕は「リング上の宗教戦争」

・【RIZIN】全試合順決定、メインは朝倉未来vs斎藤裕の王座決定戦=11.21大阪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧