TOP > ニュース 一覧

DREAMでも活躍のUFCジャカレイが41歳でMMA引退、ブラジリアン柔術に復帰する意向

2021/08/11(水)UP

ジャカレイがお馴染みのワニポーズ!@ronaldojacareより

 日本の総合格闘技団体『DREAM』でも活躍した元Strikeforce世界ミドル級王者で、BJJ世界王者のホナウド・ジャカレイ ・ソウザ(41=ブラジル)がMMA引退を発表した。
 ジャカレイは本日11日のブラジルの格闘メディア『Combate』の取材で「早い時期にブラジリアン柔術を引退し、その後はMMAの競技で沢山戦ってきた。しかし、これ以上戦う気持ちになれない。本当に終わった」と引退を宣言。

【動画】は、日本メジャーリーガー岡見勇信をパウンド葬!ジャカレイのKO&一本ハイライト映像

 今後については「MMAから引退をし、私の歴史を作ってきたスポーツに復帰するつもりだ。トレーニングや競技を続けたい。今、挑戦の意欲が強いんだ。ブラジリアン柔術は私にとってチャレンジ。(自分がやっていた)あの頃と比べると随分と進化した。新しい技や戦術もある。やりたいんだ」と、ブラジリアン柔術などのグラップリングを舞台に競技人生を続けることを示唆した。

 ジャカレイはアグレッシブな戦いでファンを魅了し、ニックネームのジャカレイ(ポルトガル語でワニ)通り、ワニの動きや両手を使ってワニの口を広げる様なポーズをすることで有名。

右腕の上腕骨骨折の手術が無事に終わったジャカレイ・ソウザ(自身のSNSより)

 ブラジリアン柔術の世界大会やアブダビコンバットなどのグラップリング大会で数々の実績を残しながら、本格的にMMAに入ったのは日本の『DREAM』から。08年のDREAMミドル級GPで圧倒的な強さで勝ち上がり、決勝戦を現ベラトールのミドル級王者のゲガール・ムサシと争った。10年にStrikeforce世界ミドル級王座を戴冠した後にUFCに参戦。13年に岡見勇信を初回TKOで下すなどUFCのトップ選手として活躍した。

 しかし、19年から4連敗と勝ち星に恵まれず、前戦となる今年5月のアンドレ・ムニス戦では、腕十字固めでキャリア初となる一本負け。さらにその試合で腕を折られてしまい、UFCからもリリースされた。

 MMA26101無効試合の戦績を残し、41歳でMMA界を離れるジャカレイだが、今後のグラップリング競技での活躍が期待される。

▶︎次ページ【動画】は、日本MMAのメジャーリーガー岡見勇信をパウンド葬!ジャカレイのKO&一本ハイライト映像

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】BJJ世界王者ジャカレイの腕骨折手術は成功、“腕破壊”映像には「バキッ」と炸裂音が

・【UFC】コロナ感染復帰のジャカレ・ソウザが衝撃のKO負け、新鋭ホランドが年間5連勝でミドル級トップ戦線へ急浮上

・【UFC】復活のアルドが元王者ディラショーに対戦要求、元王者対決は実現なるか

・【ベラトール】”何故こうなった”皇帝ヒョードルのジョンソンとの母国戦に元UFC王者ドス・サントス苦言

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧