TOP > ニュース 一覧

【K-1】金子晃大が破壊力あるミドルキック披露「一戦一戦強くなり、ファンの期待を超えたい」=9.20

2021/09/11(土)UP

金子晃大が破壊力あるミドルキック©️K-1

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の「スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R」で晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する、金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が都内で公開練習を行なった。

 金子は切れ味鋭いパンチやバランスの良い蹴り技を武器に、デビューしてから9連勝と無敗の快進撃を続けていたが、昨年3月に玖村将史に敗戦し、連勝がストップ。今年3月『K’FESTA.4』で鬼山桃太朗をKOで下し、見事に再起を果たした。

強烈なパンチを放つ金子。鬼山桃太朗をKOで下した。

 対する晃貴は昨年11月のK-1福岡大会以来、約10カ月ぶりのK-1参戦。金子とは17年1月のKrushで対戦しておりKO負け。4年8カ月ぶりの再戦で雪辱を誓う。

 金子は1分間のシャドーボクシングと2分1Rのミット打ちを披露。破壊力あるミドルキックをミットに叩き込んだ。減量しながらの追い込み状態で「(コンディショニングは)大丈夫かなと思います」と調整が順調に進んでいることを明らかにした。

 金子は自身の状態を「今まで練習してきたことを継続して、より集中して試合に向かっている。どこかがすごく伸びたというよりは、バランス良く全体的に伸びてきたかな」と、レベルアップしていると自信を見せる。

「一戦一戦強くなり、ファンの期待を超えたい」と意気込む金子©️K-1

 対戦相手の晃貴の印象を「自分とやった時と比べてキャリアを重ねてきて、パッと見て気持ちが強い」と、その成長を認めつつも「自分の試合をやる以上はしっかりと倒しに行きます」とKO予告。「見ているお客さんが圧倒的だと感じる試合をできるように意識して、練習しています」と、プロのファイターとして、前回以上に晃貴を圧倒することを誓った。

 金子が戦う現在のK-1スーパー・バンタム級は王座が空位。「トーナメントだったり、ベルトが懸かった試合をやっていきたい。ベルトに近い存在だというのは試合で見せていけたらなと思います」と、今回の試合に集中しつつ、その先も見据える。

 最後に金子は今回の試合のテーマについて「スピリット・オブ・ファイア」と一言。「一戦一戦強くなっていることを昔からのファンは見てくれていると思うので、その期待に応えて、それを超えられるような試合をしていきたい」と意気込んだ。

▶︎次ページは【動画】金子晃大が公開練習で、破壊力あるミドルキックを披露

●編集部オススメ

・【K-1】9.20 横浜大会の試合順が決定、メインはウェルター級T決勝、セミは京太郎vsカリミアンのKO必至のバトル

・【K-1】約4年ぶり再戦の金子晃大と晃貴「技術も戦いぶりも全部レベル上げていきたい」(金子)=9.20

・【K-1】金子晃大、復活TKO勝利で王座獲りアピール(動画あり)

・K-1に”ラスボス”降臨!小林幸子が何とラウンドガールに決定!「皆さんに笑顔になってもらえたら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧