TOP > ニュース 一覧

風間ルミの訃報に、スターのきっかけ作ったSBシーザー会長が追悼「現在の女子格闘技の礎を築いてくれた」

2021/09/22(水)UP

2011年、シュートボクシングのリングでOGとして紹介された風間ルミ

 女子プロレスラーの風間ルミ(55)が死去したことが女子プロレス団体LLPW-Xより発表された。かねてより病気療養中で死因は病理解剖にて特定中という。
 風間のブログでは先月から子宮内膜症などの症状を訴え、体重も落ちていると報告していた。

【フォト】一昨年、風間ルミがライブで「年下の男の子」を可愛く歌う

 風間は高校生でキックボクサーデビューを果たし、1985年、シュートボクシング(SB)のシーザー武志会長に声をかけられ同団体入り。SB初の女子試合に出場すると注目され人気に。美少女シュートボクサーとして雑誌のグラビアを飾るなど、当時、注目の女子格闘家としてアイドル並みの人気となった。1986年、ジャパン女子プロレスに入団後も人気は継続。その容姿から芸能活動も行い歌手デビューも果たした。
 その注目されるきっかけを作ったシーザー武志会長から風間の死に際しメッセージを発表した。

シーザー武志会長

以下追悼文
「この度は風間ルミさんのご逝去に接し謹んでお悔やみ申し上げます。彼女はシュートボクシング創設期に初めて実施した女子公式戦に挑んだプロ選手で、現在の女子格闘技の礎を築いてくれた格闘家の一人です。
 その後、女子プロレスラーとして活躍するようになり、自身で新団体を興した後も沢山の仲間や弟子たちを連れ、当時、白山にあったシーザージムに打撃技術向上のために出稽古に来ていたことを思い出します。
風間ルミさん、あなたがこれまで創り上げて来たものは、きっと後進たちがしっかりと受け継いで、さらに後世へと伝えていってくれることと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

シュートボクシング創始
シュートボクシング協会 会長 シーザー武志」

▶︎次のページは【フォト】一昨年、風間ルミがライブで「年下の男の子」を可愛く歌う

●編集部オススメ

・キューティー鈴木、51歳で格闘技大会GMとしてリングに上がる「来年もう一度やりたい」

・【チャクリキ】”キューティー鈴木”を目指す若手中心のトーナメント開催、女子キック&異種格闘技戦も=9.23

・ツヨカワRENAに新相棒、ベンツG350購入でゲレンデ女子に

・何と朝倉海の右手潰しは作戦通り! 名参謀・鈴木博昭がプロレスラー・奥田啓介と対戦決定に「楽しみにしてる」=10.2 RIZIN LANDMARK

・【訃報】K-1ヘビー級でも活躍した空手王者・野田貢が自動車追突事故で死去

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧