TOP > ニュース 一覧

【RISE】風音、番狂わせでの優勝「僕が最後に笑うと決めていた。気持ちで他選手を飲み込めた」

2021/09/23(木)UP

-53kgトーナメント優勝者・風音が試合後インタビューに出席した

 9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』のRISE DEAD OR ALIVE 2021 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメントで、優勝を果たした風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ4位)が試合後インタビューに応じた。

 風音は今年7月の1回戦で江幡睦を延長判定で撃破する大番狂わせを起こし、今回のトーナメント(準決勝・決勝)にも勢いそのまま臨んだ。準決勝は親友でもある政所仁を判定で下すと、決勝はトーナメント大本命とも言われた志朗を相手に大判狂わせを起こして、ベルトを獲得した。

準決勝、親友の政所(左)に鬼の形相でパンチを打ち込む風音

 風音は「こんなに幸せなことがあるのかと言うくらい嬉しいです」と笑顔を見せた。1回戦で親友の政所と対戦できたことは、優勝への足掛かりになった。「あいつの分も勝たないといけないと思った」とモチベーションは高まった。

 決勝戦の志朗戦に関しては「距離の取り方やローキックが上手いと思っていました。短期間で対策を決めてセコンドと相談してやっていた。最後は何が何でも取ってやるという気持ちでした。技術的にいうと皆さんの方が上、技術とかを気持ちで全て飲み込めたんじゃないかなと思います」と対策をした上で、最後は精神的に乗り越えたという。

決勝戦、風音(右)の右クロスが志朗にヒット!

 戦前の予想では風音が優勝と予想するファンは少ない傾向もあった。その中で「僕が最後に笑っていると決めていて、そこは一貫していた。その思いが飲み込んだんじゃないかな」と優勝すると決めていたため、その気持ちで優勝できたとの認識だ。

 トーナメント参戦選手の中で、ベルトの獲得歴のない選手は風音のみだった。初のベルト戴冠については「当然の結果ですね。それくらい練習したので。ただベルトってこんなに重みがあるのかと思いました。巻いてみるとすごく嬉しい。やってきたことが形になると幸せな気分になる。みんなで応援してくれる皆さんと取ったので重みがある」との喜びを語った。

 試合後には、那須川天心に対する対戦アピールもあった。試合後に那須川と顔を合わせた際には「100年早いよ」との言葉をかけられたという。RISEの伊藤代表は統括にて、那須川vs風音に対しては「可能性は低いですが、可能性がないわけではない」と語っている。

 風音は、今回のトーナメントで確実に成長を遂げた。「このトーナメント見てもらったら分かるけど、僕化けちゃうので(vs那須川との勝敗は)わからないですよ」というように、確かな手応えを感じているようだった。

●編集部オススメ

・【RISE】衝撃の番狂わせ!風音が優勝候補・志朗との激闘を制し悲願トーナメント優勝、同門の那須川天心へ挑戦状

・【RISE】那須川天心、“ボクシング技術”で鈴木真彦を返り討ち、トーナメント優勝の風音との“同門マッチ”を示唆

・那須川天心がアーティストデビュー、横浜大会のテーマ曲にも「自分自身、革命的」(那須川)

・【RISE】原口健飛が生涯初ダウンからの逆転TKO勝利、”仮想ペットパノムルン”タップロンを下す

・【RISE】白鳥大珠が痛恨の延長負け、返り討ちの“ジョーカー”直樹に、“人獣”中村寛がリング乱入で宣戦布告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧