TOP > ニュース 一覧

キック残り2戦の那須川天心がRISEの未来を懸念「僕が出る大会で活躍すれば話題になる」と現役選手に奮起求める

2021/09/24(金)UP

那須川天心

 9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』でRISEバンタム級王者の鈴木真彦(24=山口道場)に判定勝利した那須川天心(23=TARGET/Cygames)が、24日都内にて一夜明け会見に臨んだ。

 キックボクシングの試合は残り3戦となった那須川は、メインイベントで約6年振りの再戦となった鈴木を迎え撃った。序盤からパンチを軸にした冷静な試合運びを見せた那須川は、鈴木の剛打を封殺。被弾することなく危なげない試合運びで鈴木に完封勝利を収めた。

鋭く伸びのあるパンチを見せる那須川

 那須川は前夜の試合を振り返り「パンチをメインで練習していたので、メインにしすぎると偏ってしまうのが分かった」と、パンチ偏重となった結果、攻撃が単調になった点を反省。また「練習で長いラウンドを練習しているので、3Rの出力で戦えなかった。3分3Rならもっと飛ばしていける感じなんですけど、出力を下げて相手をコントロールする練習に傾いた」と、ペース配分にも課題を残したという。

 一方で「(鈴木が)ガンガンくると思ったんですが、距離を取られてストレートを警戒されていたので、フックを当ててみようと思った」と、試合中に的確な修正をできたという那須川。「右の前の手を使っていろんな角度から打とうというのは入りましたし、基本に戻ってやれていた部分もあった」と収獲あり。「残り2試合しっかり蹴っていきたい」と宣言した。

 那須川はボクシングへの転向を公言しており、キックボクシングは残り2試合となった。キックボクシングを再開したくならないかという質問に那須川は「もう決めたのでならないですね」と断言。キックのキャリアの集大成、いわゆる「まとめ」を意識するかと問われると、那須川は「ここまでくると相手はどうこうではない。後2試合、キックボクシングに希望を持って試合をしたいと思います」とコメントを返した。

那須川はパンチに偏った戦いを反省「残り2試合は蹴っていきたい」とキックを宣言

 この「希望」とは、RISEの将来に向けた期待であるという考えを示した那須川。「今のRISEは僕が出るとフォーカスされるけれど、他の選手がまだまだ成長段階」と、現在のRISEは知名度の点で大きな課題が残るという。そこで那須川は「僕が出る大会で他の選手にも活躍してもらえれば、もっと話題になる。”自分を出す”じゃないですけれど、そういうところで活躍してもらえれば、僕がいなくなっても大丈夫じゃないか」と、自らの知名度というチャンスを、今後RISEをけん引する選手たちに活用して欲しいと語った。

一夜明け会見に出席した(左から)“ブラック
パンサー”ベイノア、山口裕人、原口健飛、那須川天心、風音、直樹、YA-MAN

 そうした那須川の気持ちに刺激を受けたか、”ブラックパンサー”ベイノアが記者席から「指名されるチャンピオンになるにはどうしたいいか」という質問を投げかけた。その心意気に応えるかのように那須川は「ポジティブに考えると勝てないと思われている。ネガティブに捉えると興味が無い」と忖度無しの回答を返す。
 さらには前日の試合に対しても「俺はこのレベルには負けないと思っていたでしょうが、中途半端。もっと格闘技を考えてやった方がいい」と、ベイノアの奮起を期待してか、反省点を厳しく指摘した。

 これも自らが去った後のRISEを懸念した”愛の鞭”のひとつだろう。RISEに大きな功績を残し、後進へ渡すバトンを意識する那須川。残り2試合、どんなエンディングへ突き進むのか、来年3月まで目が離せない。

●編集部オススメ

・[前夜の試合]那須川天心、“ボクシング技術”で鈴木真彦を返り討ち、トーナメント優勝の風音との“同門マッチ”を示唆

・[前夜の試合後]那須川天心、鈴木真彦戦を振り返る、武尊戦にも言及「決まるまでは何も言えない。全部状況が整えばやりたい」

・鈴木真彦、那須川天心戦は「やっぱり勝ちたかった」那須川のテクニックを認める

・白鳥大珠が痛恨の延長負け、返り討ちの“ジョーカー”直樹に、“人獣”中村寛がリング乱入で宣戦布告

・衝撃の番狂わせ!風音が優勝候補・志朗との激闘を制し悲願トーナメント優勝、同門の那須川天心へ挑戦状

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧