TOP > ニュース 一覧

井岡一翔10回目の大晦日実現か、IBF9度防衛中の“絶対王者”アンカハスと交渉中と海外報道

2021/10/26(火)UP

井岡、10回目の大晦日戦実現なるか。写真は昨年大晦日の田中恒成戦(Naoki Fukuda)

 WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32=志成)の今年、大晦日戦の相手として、IBFスーパーフライ級の絶対王者ヘルウィン・アンカハス(29=フィリピン)との交渉が進んでいる。米ニュースサイト『ボクシング・シーン』が報じた。
 この交渉が実現すれば、IBFとWBOスーパーバンタム級王座の統一戦となる見込みだ。

【動画】正確無比な左フックでKO!技巧派の絶対王者アンカハス

 2011年から、17年を除き毎年大晦日に戦っている井岡。今年は10度目の大晦日戦にして”超強敵”との統一戦が実現するか。

 アンカハスは井上尚弥がWBO世界スーパーフライ級王者のときに、統一戦を期待された選手。しかし叶わず井上がV7達成を最後に、バンタム級に転向し幻の一戦に。強烈で的確な左フックを得意とし、戦績は33勝(22KO)1敗2分。
 対日本人選手では、17年7月には帝里木下を、19年5月には船井龍一を王者として迎え撃ち、いずれもTKO勝利で防衛している。
 前戦は今年4月。実に9度目の防衛戦を得意の左でダウンを奪い判定勝利。長期政権を築いている”IBFの絶対王者”だ。

 井岡の前戦は今年9月。相手は元二団体ミニマム級王者で現WBOスーパーフライ級2位のフランシスコ・ロドリゲスJrで、互いに譲らぬ打ち合いを展開したが、判定3-0で井岡が判定勝利。3度目の防衛戦に成功している。

ロドリゲスに左フックをクリーンヒットさせる井岡(Naoki Fukuda)

 井岡はロドリゲス戦の後、記者会見で統一戦を改めてアピールしていた。
 次の対戦相手としてアンカハスを第一候補に挙げ「すごく強いチャンピオンで、海外での知名度もある。自分の評価を上げるために、とてもいい対戦相手」と熱望している。

 アンカハスに勝利後は、12月に予定されているWBA・WBC王者エストラーダvsローマン・ゴンサレスの勝者と「4本のベルトを懸けてやりたい」と4団体統一を目指す展望だ。

 現在日本への入国規制は緩和されているが、2週間の自己隔離期間が必要となっている。
 アンカハスにとっても重要な一戦だが、隔離条件も含め交渉は成功するだろうか。進行に注視したい。

次ページ:【動画】正確無比な左フックでKO!技巧派の絶対王者アンカハス

●編集部オススメ

・井岡一翔がV3達成、タフなロドリゲスと壮絶打ち合い制す

・王座獲得ならず!船井龍一が王者アンカハスにTKO負け

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン(写真10枚)

・井岡一翔の左フック一閃、田中恒成に8RKO勝利

・井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気で平気」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧