TOP > ニュース 一覧

【RISE】天心も大興奮“ド迫力の殴り合い”を制したYA-MAN、ツイッター・トレンド入りに「勝ち負けを超越した」

2021/11/15(月)UP

一夜明け会見に出席したYA-MAN(C)RISE

 11月14日(日)丸善インテックアリーナ大阪で開催の『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA.2』の一夜明け会見が15日に行われた。
 第12試合のライト級(-63kg) 3分3R延長1Rにて、中村寛(BK GYM)から判定勝利を収めたYA-MAN(TARGET SHIBUYA)が会見に臨み、試合の感想と今後の展望を語った。

【動画】天心も絶叫!YA-MANのド迫力殴り合いシーン

 今年5月に導入されたオープンフィンガーグローブ・ルールで連勝のYA-MANは、”人獣”の異名を持つ中村と激突。戦前から一触即発のテンションの中、試合もゴングが鳴ると同時にバチバチの殴り合い。1Rダウンを取ったYA-MANが怒濤の喧嘩ファイトを制した。

パンチを振るうYA-MAN

 解説席に座った那須川天心が二人の試合を見ながら大興奮。試合後もその反響は大きく、RISE伊藤代表によれば、“YA-MAN”の名前がツイッターでトレンド入りしたという。

 YA-MANは会見の冒頭で、「中村選手が相手じゃなかったら、ああいう試合はできなかった。中村選手もああいう闘い方をしなかったら、違う結果になっていたと思う。RISEを盛り上げたいという二人の想いが交錯して、勝ち負けを超越した戦いができた。この試合で、評価を落とした人はいない」と、中村への感謝の気持ちを語った。

中村がリングに崩れ落ちる瞬間

 ツイッターのトレンド入りについては「今年2月の横浜大会に出て、その時は自分のことを誰も知らなかった。でも、その半年後にツイッターでトレンド入り。RISEは夢のある団体であることを証明できた」と、満足げに語った。

 また、今後の展望については「戦いたい相手はいないですが、やっぱりオープンフィンガーで戦いたい。ああいう打ち合いは、なかなかグローブではできない。オープンフィンガーだと、勝手に距離が近くなってああいう打ち合いになる。(打ち合いが)できる選手となら、格下とか格上とか関係なく、やっていきたい」と、オープンフィンガーでの戦いを熱望した。

勝ち名乗りを受け、喜ぶYA-MAN

 その発言に対し、RISEの伊藤代表は「彼は相手との相性がすごく大事。本人がオープンフィンガーでやりたいと言っているので、そこの主力になって欲しい」といい、計画しているオープンフィンガーでの4人制トーナメントを、YA-MANを軸に実施する気持ちがあることを明らかにした。

▶︎次ページは【動画】天心も絶叫!YA-MANのド迫力殴り合いシーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】YA-MANが”人獣”中村寛からダウンを奪い殴り勝ち!衝撃の生い立ちからのメッセージ

・【RISE】計量パスの中村寛にYA-MANが「顔もこけてる、パパッと終わらせてあげる」と挑発

・【RISE】那須川天心、“キック”ラストマッチでロッタンに対戦要求=来年4月代々木

・【RISE】那須川天心の“対戦ラブコール”にロッタンが返答「最後ならもう一度やりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧