TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】昇侍と“殴り合い上等”の萩原京平「ド派手な勝ち方を」新しい必殺技の用意も=11.28

2021/11/22(月)UP

萩原京平

 11月28日(日)に神戸ワールド記念ホールにて開催される『RIZIN TRIGGER 1st』のMMAルール66.0kg契約で昇侍(38=KIBAマーシャルアーツクラブ)と対戦する、萩原京平(25=SMOKER GYM)が、殴り合い上等で秘策もある考えを示した。

【動画】“殴り合い上等”萩原、衝撃の“22秒殺”KOシーン

  萩原は昨日21日、ONE世界ライト級王者・朴光哲の公式YouTubeチャンネルに番組ゲストとして登場。次戦についての意気込みを語った。

 萩原と昇侍は共に、試合開始から躊躇なくKO・一本とフィニッシュを狙うアグレッシブな戦いを信条とするファイターで、ファンの間から“早期のKO決着”を期待する声が上がっている。

朝倉に鋭い蹴りを放つ萩原

 萩原は「次の試合は派手に勝ちたい。昇侍選手も打撃の選手じゃないですか。殴り合いになると言っていたので、良い勝負になる」と、ファンの期待に応える様子。

『RIZIN TRIGGER』はRIZIN初のケージ(金網)マッチとなるが、その点については「ケージの方がやりやすいし、かっこいい。(所属する)スーモーカージムは金網がある。でも、無茶苦茶小さい。そこでスパーリングやったら、殴り合いしか出来ない。その成果が出るんじゃないか」と、殴り合い上等の構えだ。

 10月の朝倉未来戦では、打撃は朝倉と互角の勝負を展開するも、組技や寝技の部分が朝倉に劣り、苦杯を舐めた萩原。現在の練習について「練習メニューの8割がレスリングと組技の練習。(打撃より)そっちを強化しないといけない」といい、「始めた頃と比べると上手くなってきたと思う」と、その成長を実感しているという。

 朴が今回の試合に向けて「何か新しく必殺技を仕込んでます?」と尋ねると、萩原は「任せてください。そこは色々と考えているんで、楽しみにしとって欲しいです」とニヤリ。最後に「油断はしていないが、(勝つ)自信はたっぷり。復帰戦というのもあるし、ド派手な勝ち方をしたい。年末も出たいと思う」と、強く意気込んだ。

▶︎次ページは【動画】“殴り合い上等”萩原、衝撃の“22秒殺”KOシーン

●編集部オススメ

・【RIZIN】昇侍、萩原京平と年齢と体格差!「不利な状況を引っくり返す」と強い決意=11.28

・【RIZIN TRIGGER】11.28 全試合順決定、メインは萩原京平vs昇侍、セミは堀江圭功vs中田大貴

・【RIZIN】新イベント『TRIGGER』第1弾メインで萩原京平と昇侍が激突!バチバチの打撃戦に期待=11.28神戸

・喧嘩マッチで朝倉未来はヒザ半月板損傷、”会津の喧嘩屋”は鼻骨骨折、”ゴマキ弟”後藤祐樹は歯が折れる

・朝倉未来に敗北の”ゴマキ弟”後藤祐樹「もっと立っていたかった…」怪我の状況も報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧