TOP > ニュース 一覧

【グラジエーター】開幕戦で藤田健吾と有川直毅、土肥“聖帝”潤と神田T-800周一が激突=1.23大阪

2021/12/24(金)UP

藤田健吾vs有川直毅

 2022年1月23日(日)に大阪・176boxで『BODYMAKERpresents GLADIATOR 016 in OSAKA』が2部制で開催される。

 2部のメインイベントでは藤田健吾(総合格闘技道場Reliable)と有川直毅(K-PLACE)がフライ級で対戦。

 藤田は、GLADIATORバンタム級元チャンピオンの田中淳が代表を務める、総合格闘技道場reliable所属の選手。自身のTwitterでは「1番盛り上がる試合して勝つので応援よろしくお願いします」と意気込みをコメントしている。対する有川はGLADIATOR初参戦で、現在パンクラスフライ級4位にランクインしている。

土肥”聖帝”潤vs神田T-800周一

 セミファイナルではバンタム級で土肥”聖帝”潤(MIBURO)と神田T-800周一(パラエストラ広島)の対戦が決定。

 土肥はポーカーフェイスと独特の雰囲気を持つ京都府出身のグラップラー。“聖帝”、“大阪の壁”と呼ばれる実力者だ。対する神田は2015年のパンクラス、ネオブラッド・トーナメントバンタム級優勝の実績を持つ。

 その他、元WARDOGバンタム級王者・神野翼(brotherFootTeamKZT)と山口翔(TEAM BANANA)のバンタム級の一戦や、WARDOGストロー級王者・N.O.V(NOMAD/ENJOYGYM)vs蒔田真吾(TKエスペランサ)などのカードが新年幕開け第1弾大会に並んだ。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

●編集部オススメ

・【グラジエーター】2年9ヶ月ぶり復帰の佐々木信治がライト級暫定王座獲得、竹本啓哉が初防衛に成功

・【グラジエーター】土肥“聖帝”潤が一本勝ち、DJマルコが”敵前逃亡”により天草ストロンガー四郎が不戦勝=6.27

・【グラジエーター】対戦相手が前代未聞の”敵前逃亡”、不戦勝の天草「精神的にめっちゃ疲れました。あんなの二度と嫌です」

・元トップモデルのロシア美女がビキニの部で初優勝「ボディビルを愛してます」

・【海外MMA】プロ初戦セクシー美女戦士、わずか12秒のKO劇! 勢い余って失神相手に容赦ないパウンド連打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧