TOP > 試合結果 一覧

【グラジエーター】2年9ヶ月ぶり復帰の佐々木信治がライト級暫定王座獲得、竹本啓哉が初防衛に成功

2021/02/08(月)UP

ライト級暫定王者となった佐々木信治

GLADIATOR事務局
『BODYMAKERpresents GLADIATOR 013 in OSAKA』
2021年2月7日(日)大阪・176box

 2月7日(日)大阪・176boxにて、新型コロナウイルス流行により昨年2月23日の『GLADIATOR 012』 以降、実に一年振りとなるGLADIATORが開催され、再始動の意味を込めてコロナ対策を徹底し、チケット完売・ツイキャス生配信の中、熱い試合が繰り広げられた。

▼第1試合 メインイベント
GLADIATORライト級暫定王座決定戦 5分3R
○佐々木信治(総合格闘技道場BURST/元修斗環太平洋ライト級王者)
TKO 1R 3分42秒
●植田 豊(リバーサルジム新宿Me,We)
※佐々木信治がライト級暫定王者に

 現在、GLADIATOR正規ライト級王座に君臨するのはキ・ウォンビン(韓国)だが、新型コロナの影響で国内参戦が厳しい状況にあることから、元修斗環太平洋ウェルター級王者・佐々木信治と植田豊によるライト級暫定王座決定戦が組まれた。

 佐々木は前戦となる18年5月『ROAD FC 047』で判定負け、右手骨折と10箇所以上の顔面骨折を負い、約10時間に及ぶ手術を受けた。当時、医師から完治まで半年と言われるほどだったという大怪我を克服し、今回2年9ヶ月ぶりにリング復帰となった。

 対する植田は09年にDEEPフューチャーキングトーナメントで優勝し、DEEPを主戦場としていたが一度は引退。約5年のブランクを経て19年に復帰。積極的にGRACHANに参戦し、今回の暫定王者戦に推薦された。

 試合は1Rで佐々木がTKO勝利、ライト級暫定王者の座を獲得した。


竹本啓哉が王座防衛

▼第2試合 セミファイナル1
GLADIATORバンタム級タイトルマッチ 5分3R
○竹本啓哉(ALIVE/第5代GLADIATORバンタム級王者)
判定3-0
●清水俊一(宇留野道場/挑戦者)
※竹本啓哉が王座防衛

 前回大会で神田T-800周一とのタイトルマッチを制してバンタム級王者となった、竹本啓哉が、UFCにも参戦した戦績60戦以上のベテラン・清水俊一を挑戦者に迎え、判定勝利で初防衛を果たした。


MIKE対原口はローブローによりノーコンテスト

▼第3試合 セミファイナル2
GLADIATORフェザー級タイトルマッチ 5分3R
―MIKE(M3AFIT/第2代GLADIATORフェザー級王者)
1R 12秒 ローブローによりノーコンテスト
―原口 央(BRAVE/挑戦者)
※ベルトは王者に返還

 フェザー級王者・MIKEが初防衛戦で原口央を迎えたが、1Rローブローによるノーコンテストとなり、ベルトは王者・MIKEに返還された。

▶次ページは、その他の試合結果と写真

●編集部オススメ

・【グラジエーター】元修斗王者・佐々木信治が顔面骨折から2年9ヶ月ぶりの復帰、植田豊と暫定王者決定戦=2.7大阪

・【ROAD FC】佐々木信治の前回の試合

・【前回のグラジエーター】竹本啓哉がバンタム級新王者に、初参戦の元UFC清水俊一が一本勝ちでタイトル戦線に参入宣言

・【グラジエーター】元UFCウィル・チョープ、ルクク・ダリに勝利しGRANDベルト獲りアピール

・【ベラトール】歴代“秒殺KO”映像集を公開、元PRIDEロシア軍最強兵士・ハリトーノフの“大の字KO負け”の衝撃シーンも(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧