TOP > ニュース 一覧

石渡伸太郎引退興行で笹川JPvs岩本健汰、鬼神光司vs河名マストが決定=1.23【漢塾】

2021/12/30(木)UP

石渡伸太郎

 2022年1月23日(日)東京・ニューピアホールにて開催される『武蔵村山さいとうクリニックPresents 石渡伸太郎引退興行 漢塾 ~継承~』の追加対戦カードが発表された。同大会はRIZINでも活躍した元バンタム級キング・オブ・パンクラシスト石渡伸太郎(CAVE)の引退興行だ。

 追加カードとして[MMA 69.0kg以下契約5分3R]で笹川JP(CAVE)と岩本健汰(ロータス世田谷)が対戦。

笹川JP(左)と岩本健汰

 笹川は柔道で福島県国体予選での優勝経験を持ち、2009年の戦極のトライアウトに参加しMMAを始めると、アマチュアで試合経験を積み、2015年のDEEPフューチャーキングトーナメントでは準優勝。アグレッシブなファイトスタイルを特徴とする。

グラウンドで優勢に試合を進める岩本(2021年11月)

 対する岩本は国内屈指のグラップラーとして注目を集め、今年9月の修斗後楽園ホール大会にてMMAデビュー。17年アマチュア修斗全日本王者の椿飛鳥を完封し、初回2分34秒でリアネイキッドチョークによる一本勝ちを収めた。11月には結城大樹に判定勝利を収めている。

 フェザー級では鬼神光司(CAVE)と河名マスト(ロータス世田谷)の対戦が決定した。

 鬼神は福島県出身のファイターで、鋭いタックルからのグラウンド戦を得意とする。対する河名はレスリング・グレコローマンで全日本学生選手権、ジュニア五輪、U23世界選手権を制した強豪だ。

鬼神光司(左)と河名マスト

 石渡の「ただ私の引退の舞台にするだけでなく、今後の格闘技界を盛り上げてくれる選手達、今大会のテーマであります『継承』を体現してくれるであろう選手達の試合を組んでいけたらと思っております」という言葉通り、今後を継承していくであろう選手たちの戦いにも注目だ。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

<追加対戦カード>
▼MMA 69.0kg以下契約5分3R
笹川JP(CAVE)
vs
岩本健汰(ロータス世田谷)

▼MMA フェザー級5分3R
鬼神光司(CAVE)
vs
河名マスト(ロータス世田谷)

●編集部オススメ

・RIZIN漢塾”塾長”石渡伸太郎の引退記念興行決定、次世代ファイターへの”継承”試合も

・『テレビ・配信』12.31「RIZIN.33」TV放送・ネット配信・生中継情報=ライジン 大晦日

・【月間ベストファイター】ZSTで全試合一本勝ちで王者に、”公園柔術家”岩本健汰が勝因を分析

・【RIZIN】石渡伸太郎引退セレモニー「本当に幸せな格闘技生活でした」

・矢沢心、ジム3回目で”美腹筋”実感し公開! 夫・魔裟斗がトレーナーに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧