TOP > ニュース 一覧

【ジャパンキック】三冠王・馬渡亮太が芸術的なヒジ打ちで元ムエタイランカー撃破、麗也はNJKF対抗戦KO勝利で「世紀の対決が決まった大会に出たい」

2022/01/09(日)UP

麗也(右)は左フックで日下をKOした

▼セミファイナル(第9試合) ジャパンキックvsNJKF交流戦 54.5kg契約3分5R
〇麗也JSK(治政館/元ISKAインターコンチネンタル フライ級王者)
KO 4R2分45秒 ※左フック
●日下滉大(OGUNI/NJKFスーパーバンタム級王者)

日下(左)は、麗也を相手に優位に試合を進めていたが逆転KO負け

 ジャパンキックとNJKF交流戦は、元ISKAインターコンチネンタル フライ級王者の麗也JSKとNJKFスーパーバンタム級王者の日下滉大が激突。

 元新日本王者・麗也は、20年9月のRISEでTEPPEN GYM新鋭にTKO負け、昨年2月はNO KICK NO LIFEで石井一成と激闘を繰り広げたばかりだ。

 日下は長身から繰り出される打撃が武器のサウスポー。階級をスーパーバンタム級に上げて結果を残している。昨年2月のNJKFでは獠太郎を判定で下し、同6月に久保田雄太を判定で破り、NJKFスーパーバンタム級王座を獲得した。

 1R、互いにローキックで様子見。日下はワンツー、ヒジ打ちをヒットさせる。麗也は、「打ってこい」と手招きして、パンチを打ち合う。

 2R、日下は左ミドルキックを決めると、左ストレートをヒット。麗也は両手を広げて、「打ってこい」とアピール。麗也は、ワンツーからローキックで攻める。日下はミドルキック、ローキックを的確にヒットさせた。

 3R、前へ出る麗也は、ローキックからフックで畳みかける。日下は左ミドル、さらにヒザ蹴りを合わせる。カウンター狙いの日下に対して、麗也は前へ出てパンチ勝負。日下は冷静にさばき、ミドルキックを当てていった。

勝ち名乗りを受ける麗也は、石井一成へのリベンジ戦をアピールした

 4R、日下はミドルキック、ローキックを的確に決めていく。麗也はパンチで攻めるが、カウンターをもらってしまう。サイドキックで入る日下。それをかわした麗也は、左フック一撃。これをまともに食らった日下は、立ち上がれずにKO負け。麗也が劇的なKO勝利を飾った。

 大会MVPを受賞し、マイクを握った麗也は「無茶苦茶、嬉しいです。勝ったのが5年前くらいなんですけど、強かったです。プレッシャーがあったんですけど、応援してくれる人たちのおかげです。石井一成選手にリベンジしたいです。世紀の対決が決まっていますが、自分の勝ってそこに入っていきたいです」とアピールした。

▶︎次ページは、渡辺航己vs.皆川裕哉、モトヤスックvs.井原浩之

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】”歌うキックボクサー”瀧澤博人が元ルンピニー王者にダウン奪い快勝、永澤サムエルもタイ王者にKO勝ちで日泰国際戦を制す

・【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

・【ジャパンキック】エース・石川直樹が四冠王・松崎公則を切り裂き、ヒジ巧者対決制する

・小比類巻貴之、シバターの手口は”氷山の一角” 自身がタイで騙されボロ負けの過去も告白

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧