TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】”歌うキックボクサー”瀧澤博人が元ルンピニー王者にダウン奪い快勝、永澤サムエルもタイ王者にKO勝ちで日泰国際戦を制す

2021/11/22(月)UP

”歌うキックボクサー”瀧澤博人が元ルンピニー王者にダウン奪い快勝

ジャパンキックボクシング協会
『KICK Insist11』試合結果
2021年11月21日(日)東京・後楽園ホール

▼第10試合 Wメインイベント 株式会社秀拓Presents 日泰国際戦 56.5kg契約 3分3R
〇瀧澤博人(ビクトリージム/WMOインターナショナルフェザー級王者)
判定3-0(30-27、30-28×2)
●ウィサンレック・MEIBUKAI(タイ/MEIBUKAI/元ルンピニースタジアム認定フライ級&バンタム級王者)

元ルンピニーフライ級&バンタム級王者ウィサンレックが鋭い蹴りで攻める

 シンガーソングライターとしてライブ活動もしており”歌うキックボクサー”の異名を持つ瀧澤。長いリーチを活かしたしなやかな蹴りと飛び膝蹴りを得意とし、2014年10月に当時無敗の重森陽太を下し新日本キック日本バンタム級王座に。ジャパンキックには2019年5月のプレ旗揚げ興行から参戦し、昨年11月にはWMOインターナショナル・フェザー級王座を獲得している。今年5月は、コンゲンチャイ・エスジムにハイキックでKO勝ちを収めた。

 対するウィサンレックは、かつてはムエタイの殿堂ルンピニースタジアムでフライ級&バンタム級王座に就き、2階級制覇を達成した戦績300戦を超える選手だ。

3R,左フックでダウンを奪った瀧澤

 1R、瀧澤はジャブを何度もヒットさせる。ウィサンレックは、ローキックを単発。瀧澤はジャブからローキック。さらにジャブの連続で崩しにかかる。ウィサンレックは、「こい」とグローブで呼び込むが、自分からは行かない印象だ。瀧澤はハイキックで崩すにかかる。

 2R、瀧澤は前足のアウトとインを狙う。ウィサンレックは前足が赤く腫れている。そこをピンポイントで狙う瀧澤。ウィサンレックはローキックを当てていく。瀧澤は、右から左ストレートをヒット。ウィサンレックは崩れずに、前へ出ていく。

瀧澤博人がダウン奪い快勝

 3R、瀧澤は前足を狙って蹴っていく。さらに右のパンチを放つが、瀧澤はディフェンス。右から左フックを放つ瀧澤。プレッシャーをかけるウィサンレックに、瀧澤はヒジ打ち。これが入り、カットをアピールする瀧澤。前へ出るウィサンレックに、瀧澤が右から左フック。まともに入り、ウィサンレックがダウン。立ち上がったところで、タイムアップ。
 判定は、文句なしで瀧澤。マイクを握った瀧澤は、「デビューした時から対戦を夢見ていたウィサンレック選手と戦えて、しかも勝つことができて幸せです。格闘技は戦国時代に入るので、切り込んで人生を変えたいと思います」とアピールした。

▶︎次ページは永澤サムエル聖光がタイ王者にKO勝利

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】旗揚げ戦で外敵の大崎孔稀が石川直樹を圧倒KO

・瀧澤博人が元ルンピニー3位にハイキックで豪快KO勝ち

・朝倉未来に敗北の”ゴマキ弟”後藤祐樹「もっと立っていたかった…」怪我の状況も報告

・喧嘩ルールで3人を秒殺した朝倉未来「マネしないでほしい」=1000万対決

・【RIZIN 沖縄】11.20 全試合 結果速報(RENAvs山本美憂、皇治、ボビーほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧