TOP > ニュース 一覧

RIZINライト級優勝のムサエフがベラトール移籍を表明「日本で試合できることを願っています」

2022/01/11(火)UP

アゼルバイジャンの国旗を背にRIZINのベルトを巻くムサエフ=19年大晦日

 RIZINで2019年ライト級トーナメントを制したトフィック・ムサエフ(32=アゼルバイジャン)が、UFCに次ぐ世界第2位のMMA団体『Bellator(ベラトール)』への移籍を本日11日、ムサエフが自身のSNSで発表した。

【動画】豪快パンチ炸裂!ムサエフが現ベラトール王者・パトリッキーからダウンを奪う瞬間

 ムサエフはツイッターで「日本のファンの皆さん、いつも親切に私の事を応援してくださりありがとうございます。今、私はBELLATORリーグのファイターですが、近い将来、日本で試合できるようになることを願っています。 また近いうちにお会いしましょう!」と投稿した。
 この数時間前には、有名MMA記者アリエル・ヘルワニがベラトールとの契約をリークしている。

ムサエフがベラトール参戦に向け日本のファンへメッセージ @Tofiq__Musayev

 ムサエフは散打の世界チャンピオンにも輝いた殺傷能力の高いパンチを武器に、2015年から14連勝を突き進んだ。
 RIZINでは2連勝の後、19年のライト級トーナメントに参戦。決勝で現ベラトールライト級王者のパトリッキー・“ピットブル”・フレイレを下し優勝を飾った。

 その後はコロナ禍と共に、20年9月に始まったアゼルバイジャンとアルメニアとの紛争『ナゴルノ・カラバフ戦争』での徴兵で約1年半リングから離れる。
 そして昨年6月、ホベルト・サトシ・ソウザとのRIZINライト級王座決定戦に臨むも一本負け、王座獲得を逃していた。

現ベラトール王者・パトリッキー(左)との大接戦を制しライト級Tを制覇したムサエフ=19年大晦日

 敗戦後にムサエフは「自分が真のチャンピオンだということを証明するために、また戻ってきます。そして皆さんに勝利を届けたいと思います」と意気込んでいたが、今回ベラトールへの参戦が決定した。

 ベラトールではRIZIN時と同じくライト級への参戦が予想される。王者は、かつてライト級トーナメント決勝で激闘したパトリッキーが君臨する。
 また現RIZIN王者サトシも大晦日の試合後に「ベラトールへ行き戦いたい」と発言している。ベラトールでパトリッキーやサトシとの再戦はあるのか。

 ベラトール参戦の原因については明らかになっていないが、海外在住の選手は日本でなかなか試合ができなと言うのも原因であろう。大晦日大会でも日本の新型コロナウイルス水際対策で来日出来ず、今後の日本への入国も不透明となっている。
 なお政府は本日、水際対策について「2月末まで、現在の対策の骨格を維持する」と発表、外国人は継続して入国出来ない。仮に3月1日から解禁したとしても、日本政府がビザ(入国査証)の発行に通常1週間程度だったところ、コロナ禍は1ヶ月程度かかっており、さらに2週間の隔離を考えると、海外選手が日本のリングに立てるのは、特別な措置がない限り4月中旬が妥当となるだろう。1日も早いコロナの収束が望まれる。

▶次のページ:【動画】伝説の名勝負!ムサエフが現ベラトール王者・パトリッキーからダウンを奪う瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・大接戦の末、ムサエフが“ピットブル”・フレイレを下し優勝、王座獲得(動画あり)

・サトシ・ソウザがムサエフに“芸術的な三角絞め”で一本勝ち!涙のライト級王座戴冠

・【ベラトール】パトリッキー”ピットブル”がKOで新王者に! 豪快なオーバーハンド直撃=試合結果

・渡辺華奈、ベラトールと契約に意気込み「RIZINを背負い、王者目指します」

・ライト級王者のサトシが「ベラトールの選手と戦いたい」とRIZIN代表として戦う覚悟を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧