TOP > ニュース 一覧

【修斗】米修行でマネル・ケイプとも練習重ねる岡田遼がV2戦、“怪物”安藤達也と因縁の再戦決定=3.21後楽園

2022/01/20(木)UP

岡田遼の世界V2戦が決定した

 3月21日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.2』でバンタム級注目の3カードが発表された。
  ますは世界バンタム級王者・岡田遼(パラエストラ千葉)が二度目の防衛戦として“怪物”安藤達也(フリー)の挑戦を受けることが決まった。

▶︎【フォト】米修行中の王者・岡田は、マネル・ケイプらと練習を重ねる

王者・岡田がタイトルマッチで安藤の挑戦を受ける

 世界王者の岡田は、現在、フライ級世界王者“スーパーノヴァ”平良達郎と1ヵ月に渡る北米キャンプ参加のために渡米中。元RIZINバンタム級王者でUFCにも参戦するマネル・ケイプらとも練習を重ねる。対安藤との対戦を考えても、フィジカル的に勝る外国人選手とのトレーニングは理にかなっており、“ID MMA”に磨きを掛けて帰国することになりそうだ。

勢いのある安藤(右)のベルト奪取はあるか?

 対する安藤は、全日本レスリング選手権2位などの実績をベースにするファイター。昨年9月の自身の持つ環太平洋タイトル戦でインフィニティリーグを制した石井逸人をほぼ完封で勝利し、初防衛に成功。攻めどきを見誤らず的確に技を叩き込む格闘センスは見せて、安藤の強さが目立った一戦となった。

 両者は2019年9月に一度対戦しており、当時、岡田が保持していた環太平洋タイトルを掛けて対戦。一進一退の攻防が続く中、岡田が放ったエルボーが安藤の後頭部に入り減点に、3者3様のスプリットドローと終わった。今回は、どんな結末になるのだろうか。

現在、岡田はアメリカでマネル・ケイプとも練習を行う(岡田遼Twitterより)

 その他にもバンタム級の2カードが決定。昨年のインフィニティリーグを制し、環太平洋王座に挑むも敗れた石井逸人(TRIBE TOKYO MMA)が“激闘王”石橋佳大(ZEEKジム)を相手に再起戦を行う。

 また、修斗参戦以来、全試合熱戦となることで話題の後藤丈治(TRIBE TOKYO MMA)が、RIZIN初参戦で衝撃のKO勝利を飾ったダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)と激突する。。

 さらに、デビューから負けなしでフライ級注目の山内渉(FIGHT FARM)が、大竹陽(HAGANE GYM)と激突する一戦も決定した。 

<追加対戦カード>
▼世界バンタム級チャンピオンシップ5分5R
岡田遼(王者・2度目の防衛戦/パラエストラ千葉)
vs
安藤達也(挑戦者・同級1位/フリー)

▼バンタム級5分3R
石井逸人(同級世界4位/TRIBE TOKYO MMA)
vs
石橋佳大(同級世界5位/ZEEKジム)

▼バンタム級5分3R
後藤丈治(同級世界8位/TRIBE TOKYO MMA)
vs
ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)

▼フライ級5分2R
大竹 陽(HAGANE GYM)
vs
山内 渉(FIGHT FARM)

<発表済み対戦カード>
▼ウェルター級5分3R
西川 大和(世界ライト級王者/西川道場)
vs
山田 崇太郎(同級世界3位/The Pandemonium)

●編集部オススメ

・【修斗】岡田遼は安藤達也との打撃戦をドロー防衛

・【修斗】王者・岡田遼が元DEEP王者・大塚隆史に判定勝利、“外敵”を退け初防衛に成功

・【修斗】安藤達也が逆転一本勝ちで「修斗最高」

・今は“ムキムキ”ぱんちゃん璃奈、昔のあだ名は「鳥の骨」、バイトで泣いた失敗談なども語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧