TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】寺地拳四朗、矢吹正道からの王座奪還に自信「見ないと損しますよ」

2022/01/24(月)UP

寺地拳四朗、矢吹正道からの王座奪還に自信を示した(Photo=Yosuke Ueda)

 プロボクシングのWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(29=緑)と、前王者の寺地拳四朗(30=BMB)とのダイレクトリマッチが、3月19日に京都市体育館で開催されることが決定。本日24日、大阪市内のホテルで会見が行われた。

【動画】拳四朗vs矢吹の激闘の流血写真など紹介し長谷川穂積が試合を分析

 両者は昨年9月に対戦、9Rに寺地が右上まぶたを大きくカット、血まみれとなり10Rに連打を浴びたところレフェリーが試合をストップ、TKO負けし王座陥落していた。
 そのTKO負けの原因の一つとされるまぶたのカットは、矢吹が故意でバッティングしたのではと寺地陣営が主張。10月にはJBC(日本ボクシングコミッション)はその認定はできかねるとしたが、寺地陣営が再抗議。それも汲み取られたのか11月9日にWBCから再戦命令が出された。

 会見では「拳四朗選手は自分より総合力が高いと思っている。前回同様、チャレンジャー精神で行く。前回、どっちが勝ってもおかしくはない試合だった。今回もそうなると思う」と語った。

 寺地は「僕としては負けた試合では無かった。勝てる自信はある。しっかり決着つけてチャンピオンになりたいと思う。(矢吹選手は)1発はあるが、いつも通りの戦い方をすれば全然勝てると思う。そこまで心配はしていない。」と自信。その裏には前戦での反省もある「いつものジャブでポイントが取れていると思っていたが、それが取れていないのが難しいなと。もっと明確にポイントが取れるようなボクシングをしたい。そこが反省点」とし、この再戦では改善し、精神面も改善し挑むとした。

 会見終了後、寺地はSNSをアップ「3月19日京都市体育館でリベンジマッチが決まりました!!絶対勝ってチャンピオンに返り咲きます!感動の瞬間を見に来て下さい!見ないと損しますよ」と王座奪還に自信満々のメッセージを送った。
 プロ戦績は矢吹が13勝(12KO)3敗、寺地が18勝(10KO)1敗。

▶︎次のページは【動画】拳四朗vs矢吹の激闘の流血写真など紹介し長谷川穂積が試合を分析

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ランジェリー姿の計量で注目の女子ボクサー、ラウンドガール時代の秘蔵フォト公開で話題

・井上尚弥、ドネア戦は「ハラハラする戦いになる」

・井上尚弥はバルデスの戦慄KOを年間で最も評価、練習も動画を見て参考に

・千葉真一「お別れの会」で大山倍達との組手や試合など”秘蔵映像”も、空手着や映画小道具を展示で偲ぶ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧