TOP > ニュース 一覧

【Krush】元保育士のチャン・リーと19歳のKihoがバチバチのサバイバルマッチ、女子アトム級=前日計量

2022/01/27(木)UP

女子アトム級はチャン・リー(左)とKihoが対決する

 1月28日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.133』の前日計量が、27日(木)都内にて行われた。
 注目を集める Krush女子アトム級は、チャン・リー(30=K-1ジム五反田チームキングス)とKiho(19=Team K.O.Garage)が対戦する。当初このカードは、KihoがNOZOMI(TAD)と対戦する予定だったが、チャン・リーに変更された。チャン・リーは、44.81kgでクリア。Kihoも44.80kgでパスし、ともにコンディションが良さそうだ。

【フォト】チャン・リーとKihoのダブルマッスルポーズとフェイスオフ

 チャン・リーは、元保育士で、18年9月にK-1グループデビュー戦を勝利で飾って以来、菅原美優や優などの選手としのぎを削ってきた。20年7月には王座決定トーナメントに出場したが、MOEに敗戦。その後は、11月に豊嶋里美と対戦して判定で再起を飾っている。昨年2月はNOZOMIと対戦し、判定負け。6月は紗依茄に判定勝利。前回は11月に山田真子に判定負けを喫した。

 対するKihoは19歳で、昨年2月のKrushで森川侑凜とドロー。6月は加藤りこ、8月は豊嶋里美に連敗。11月は谷田美穂と引き分けになっている。ここまでの戦績は8戦3勝(1KO)3敗2分。チャン・リーの胸を借りることとなった。

チャン・リー(右)は、気持ちを全面に出して戦うという

 今回に向けて期するものがあるというチャン・リーは、「代打での出場で試合が決まって、持っていると思いました。前回の敗因をトレーナーとも話していて、私はもっと強くなれると確信しました」と笑顔を見せた。足りなかった部分は、「技術面、精神面、そこまでの作り方、持って行き方にありました」とトータルで改善に取り組んできたという。

Kiho(左)は、ここを突破して上を目指したいところ

 一方のKihoも、「見ている人が面白い試合をして、必ず勝ちます。自分のスタイルを貫けば勝てると信じています」と、こちらも揺るぎない自信を持っているようだ。互いの印象についてチャン・リーは、「可愛いし、若いですね(笑)。綺麗な技を出す選手だなと思います」と語れば、Kihoは「肌が綺麗だなと思いました」と、二人とも外見をコメントすることが共通していた。

 それでも「気持ちを全面に出して勝ちます」とチャン・リーは勝利宣言。Kihoも「ここで勝つことは、とても大事。絶対に勝ちます」と一歩も引かない。女子アトム級チャンピオンの菅原美優まで辿り着くためにも、二人とも落とせない一戦となる。

▶次ページは【フォト】チャン・リーとKihoのダブルマッスルポーズとフェイスオフ

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【Krush】JKファイターKihoがラウンドガールも経験した森川侑凜と対戦=2.27後楽園

・【テレビ・配信】1.28『Krush』スーパー・フェザー級王座決定T、近藤魁成vsアラン・ソアレスなど生中継・配信情報

・【Krush】近藤魁成「パンチ力が上がってワクワクする」とブラジルのアラン・ソアレスからKO予告=前日計量

・【Krush】スーパー・フェザー級王座決定Tに出場するムキムキ4名が計量パス、優勝への思いを激白

・【K-1】MVPの野杁正明が6月メガイベントでSB世界王者の海人と対戦か?「お互いの意見も合致」と海人が返答

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧