TOP > ニュース 一覧

【GLORY】RISE QUEEN・小林愛三がヴァン・スーストの世界タイトルに挑戦

2022/02/01(火)UP

ティファニー・ヴァン・スーストvs小林愛三

 3月19日(土・現地時間/日本時間3月20日)にベルギー・ハッセルトで開催される『GLORY80』にて、RISE QUEENフライ級王者・小林愛三(NEXT LEVEL 渋谷)が参戦。スーパーバンタム級タイトルマッチで王者のティファニー・ヴァン・スースト(アメリカ)に挑戦する。

 小林はパワフルな攻撃とアグレッシブファイトが持ち味で、わずか6戦目でムエタイオープン女子フライ級王座を獲得。2019年11月にWPMF(世界プロムエタイ)女子世界フライ級王座を獲得している。
 2020年に行われた「初代RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定トーナメント」1回戦でKOKOZを判定3-0で破り決勝へ進出。同年12月に陣内まどかと決勝戦を戦う予定だったが、陣内の負傷欠場により暫定王者に就いた。しかし同日陣内のピンチヒッターとしてワンマッチに起用された田渕にダウンを奪われ判定負け。その翌年4月に田渕を相手にタイトルマッチを行い、リベンジに成功し正規王者に昇格した。

蹴りを放つ小林(2021年4月)

 対する王者ヴァン・スーストは空手&ムエタイベースのキックボクサー。16年12月にGLORY女子スーパーバンタム級王座を獲得するも、17年12月の2度目の防衛戦で挑戦者のアニッサ・メクセンに判定負けし、王座陥落。19年3月のメクセンとの雪辱戦にスプリットの判定で敗れたが、同年11月の3度目の対戦で、遂にメクセンに勝利し、王座を取り返した。

 今回の対戦に小林は「お話をいただいたとき、ゾクゾクしました。GLORYに日本人の気持ちの強さを、和魂を知ってもらえる一戦になると思います。海外での戦いは初ですがサポートしてくれている方が沢山いるので、必ず勝利します!RISE QUEENとしてGLORYのベルトを日本に持って帰ってきます!」と意気込む。

 GLORYでは、2013年に久保優太が「GLORY 8 TOKYO -65kg Slam」トーナメントを制している。小林が久保に続き、快挙を達成するか期待が集まりそうだ。

 同大会はヘビー級でアルカディウシュ・ウルソセク(ポーランド)vsバダ・ハリ(モロッコ)、ライトヘビー級王座戦でアルテム・ヴァヒトフ(ロシア)vsルイス・タバレス(オランダ)の試合などが予定されている。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

●編集部オススメ

・【RISE】小林愛三が田渕涼香にリベンジ果たし正規王者昇格、工藤政英は田渕神太の粘りにKOならず

・【GLORY】“美筋肉”女王ヴァン・スーストがブラジル刺客に圧勝、ボディーブローでV1達成

・【グローリー】-65kg世界大会は久保が野杁を破り優勝

・【RISE】寺山日葵と小林愛三が計量パス、“国内最強決定戦”へ意気込み

・【RISE】小林愛三が強烈右ローを集中、MARIの足が真っ赤に腫れ完勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧