TOP > 試合結果 一覧

【RISE】小林愛三が田渕涼香にリベンジ果たし正規王者昇格、工藤政英は田渕神太の粘りにKOならず

2021/04/17(土)UP

小林が再戦で田渕を圧倒、判定勝利で正規王者昇格を果たした

RISEクリエーション株式会社
『RISE 148』
2021年4月17日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント RISEQUEENフライ級(-52kg)タイトルマッチ3分5R無制限延長R
○小林愛三(NEXTLEVEL渋谷/RISEQUEENフライ級暫定王者)
判定3-0 ※50-49、49-48、49-47
●田渕涼香(拳聖塾/第22回全日本少年少女空手道選手権大会高校生女子軽量級優勝)
※小林が正規王者に昇格

小林はハイキックやバックスピンキックの大技も見せる

 小林は昨年9月の「初代RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定トーナメント」1回戦でKOKOZを判定3-0で破り決勝へ進出。同年12月に陣内まどかと決勝戦を戦う予定だったが、陣内の負傷欠場により暫定王者に就いた。しかし同日陣内のピンチヒッターとしてワンマッチに起用された田渕にダウンを奪われ判定負け。今回がタイトルを懸けたリマッチに挑む。

 対する田渕は3歳からフルコンタクト空手を始め、世界総極真や全日本極真連合会など全国レベルのジュニア大会で優勝を重ねてきた空手家。昨年12月のRISE初参戦では小林から大金星を挙げた。その勢いで今年2月の『RISE ELDORADO 2021』で寺山日葵と対戦したが、アグレッシブなスタイルを評価されつつも判定負け。今回小林が持つフライ級王座に挑むチャンスを得た。

田渕の強打が小林を襲う

 1R、リングの中心に位置する小林を中心に回る田渕。田渕は細かくスイッチを見せながら左右ロー。小林はどっしり構え、強烈な右ローをバチンとヒットさせる。中盤、小林が右ハイを見せるが威嚇に終わる。静かな立ち上がりのままラウンド終了。

 2R、圧力を強める田渕が小林をコーナーに詰め左右フック。小林はフェイントをかけながら左前蹴りで距離を取り、左右に小さく動きながら右ローを強打する。離れれば右の蹴りを上下に散らし、近距離では組んでヒザをワンヒットと、小林が前後の出入りで距離をつかむ。

判定の瞬間、小林は喜びを爆発させた

 3R、さらに前に出る田渕はワンツーで前進。小林は右ローをヒットさせるとサイドに回り、ジャブを突き刺し距離を保つ。さらに組み際にはかぶせ気味の右フックをヒット、サウスポーにスイッチし左ミドルと、小林が出入りをコントロール。4Rには前進する田渕の入り際にジャブを合わせ、田渕が繰り出すパンチのタイミングに小林が右ミドルを合わせ前に出させない。

 5R、前進する田渕を迎え撃つように小林が右ミドル。左右フックを振る田渕へ組み付きヒザをワンヒットさせる小林は、離れれば左右ミドル。バックスピンキック、ハイキックと大技も見せる。手数がやや減った田渕へ追撃するようにワンツー。田渕もパンチを返すが、小林が蹴り技で距離を保ちヒットを許さないまま試合終了のゴングが鳴った。

正規王者に昇格した小林は「もっともっとアグレッシブな愛三を見せる」と宣言

 判定はジャッジ3者が小林の勝利を支持。再戦となった一戦は小林が完勝で制し、正規王者への昇格を果たした。

 感極まった小林はマイクを握ると、声にならない声でジム関係者への感謝の言葉を述べた。そして「世界に通用する選手になります。もっともっとアグレッシブな愛三を見たいと言ってもらえるようになるので、これからも応援お願いします」とファンへ呼びかけて大会を締めくくった。

▶次ページは、工藤政英vs田渕兄弟の兄・神太

●編集部オススメ

・リベンジに燃える小林愛三「女は度胸、そこをぶつける」王座へ挑む田渕涼香「挑戦者として倒す」=前日計量

・平岡琴が「おなかはポチャポチャ」と挑発、受ける小林も「明日は倒しに来て」と臨戦態勢=前日計量

・王者・工藤政英が田渕神太と”ゴリゴリ”の打ち合い宣言「気持ちのいい殴り合いができそう、楽しみ」=前日計量

・田渕涼香、小林愛三に返り討ち宣言!「倒される気はない。多彩な蹴り技で倒す」

・小林愛三が”仕返し”宣言、田渕涼香の「ベルトを巻く姿を想像するだけで嫌。悔しそうな顔が見たい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧