TOP > ニュース 一覧

【K-1】三冠王の☆SAHO☆、初の国際戦に「実力通用するか、負けるわけにはいかない」=日本vs世界対抗戦

2022/05/10(火)UP

vs世界の対抗戦に出場する☆SAHO☆

 6月25日(土)東京・国立代々木競技場 第二体育館で開催されるK-1初の女子大会『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』の対戦カード発表記者会見が、5月10日(火)都内にて行われた。
 日本vs世界・3対3の対抗戦で、新たに”トリプルクイーン”☆SAHO☆(22=闘神塾)の参戦が決定。-53kg契約で、ジェシンタ・オースティン(27=オーストラリア)と激突する。

 ☆SAHO☆は、超攻撃的なファイトスタイルでデビュー当初から注目を集め、これまでキック・ムエタイルールで3本のベルトを獲得。21年12月、K-1大阪大会にてK-1初参戦を果たし、K-1女子フライ級で活躍する真優からダウンを奪って勝利した。戦績は13戦 12勝(1KO) 1敗 0分。

昨年にK-1初参戦を果たした☆SAHO☆

 今回対戦するオースティンは、オセアニアを中心に戦うファイター。ムエタイやキックボクシング、ボクシングやMMA(総合格闘技)など様々なルールで戦う格闘センスを誇る。以前にKANAのスパーリングパートナーを務めていたこともある。

 中村プロデューサーも「パンチが切れる。噛み合う試合になるんじゃないかな。パワーがあって気持ちも強い」と太鼓判を押す。両者のスリリングな打ち合いが見られそうだ。

 意外にも初の国際戦だという☆SAHO☆。「今の自分の実力がどこまで通用するか試せる。ここで負けるわけにはいかないのでしっかり勝って、初めてのK-1女子の試合を盛り上げようと思っている」との意気込みを語る。

意気込みを語る☆SAHO☆

 オースティンについては「気持ちの強い選手でパワーがある」と分析しつつ、「もちろんフィジカルも大事ですが、技術でも取り入れて上回ってやろうと思っている。KOにこだわらなくても、自然と練習でやってきたことでKOを目指します」と、自然体で完全決着を見据える。

 今回は、同じくK-1女子で戦う山田真子、高梨knuckle美穂と3人で海外の強豪選手を迎え撃つ対抗戦だ。「全員全勝で、試合順は決まっていないけど、次の子にパワーを贈れる試合をしたい」と、チーム戦も意識した発言も残した。

対抗戦に出場する(左から)山田、高梨、☆SAHO☆

 オースティンからは、K-1での出場が「夢だった」「試合が終わった後、日本のファンの方が私のファンになるような試合をしたい」などと熱いコメントが届いていた。

 K-1二戦目にして、対抗戦という大舞台に抜粋された☆SAHO☆の戦いに注目だ。

 その他対抗戦では、女子ミニマム級で高梨knuckle美穂vsエリヴァン・バルト、女子アトム級で山田真子vsマリーヌ・ビケイの対戦が決まっている。

<対戦決定カード>
▼日本vs世界・3対3/女子-53kg契約/3分3R・延長1R
☆SAHO☆(22=闘神塾)
vs
ジェシンタ・オースティン(27=オーストラリア)

●編集部オススメ

・【K-1】KANAが初防衛戦、20KO勝利の強打者・フランス人を「100%KO決着で失神させる」=6.25

・【K-1】☆SAHO☆が初参戦で真優に完勝、左ボディからヒザ蹴り連打でダウン奪取

・【フォト】真優が黒ビキニ姿で笑顔の片手マッスルポーズ、初参戦☆SAHO☆は「インパクトを残す」

・【Krush】王座初防衛の菅原美優、MIOとの3度目の対決は「K-1トーナメントで」

・【K-1】菅原美優とMIOが早くも火花を散らす!「派手に仕返し、楽しみで仕方ない」(MIO)=女子大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧