TOP > ニュース 一覧

【NJKF】山浦俊一、S1世界王座戴冠へ「食らったことない隠し技を準備」=5.21神奈川

2022/05/16(月)UP

娘たちと写真に収まる山浦(中央)

 5月21日(土)神奈川・カルッツ川崎で開催されるキックボクシングイベントNJKFの『DUEL.23』。同大会のメインイベント[S1世界スーパーフェザー級王座決定戦]で対戦する、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・山浦俊一(新興ムエタイジム)とコンゲンチャイ・エスジム(エスジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 山浦は19年にNJKFスーパーフェザー級タイトルを獲得、20年にはWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座を戴冠している。前戦は昨年11月のWBCムエタイ初防衛戦で、判定勝ちしている。

強烈なパンチをヒットさせる山浦(左)

 仕事と練習を両立するため、特別な追い込み期間は設けず、ジムに通った際に「全力でやっています」とのこと。娘の父親としての顔も持つ山浦は、子ども達が奥さんに「パパの今回の相手強いんでしょう。怪我してほしくないな」と心配していたことを聞き、「なおさら負けられない」とモチベーションを高めている。

「S1っていうタイトルは、あまり皆に知られてないかもしれないですけど、タイでは名誉あるタイトル。アヌワットとか有名な選手も巻いていたベルトなので、僕は凄いタイトルに挑戦させてもらう」と世界王座への思いも強い。

山浦俊一

 コンゲンチャイについては「結構デカいし、タイ人の割にはガツガツ来る」と、そのアグレッシブさを分析。「今回は相手が食らったことないだろう隠し技を練習してます。なかなか難しいですけど(苦笑)」と、秘策を準備しているようだ。

 最後に「自分はジュニア黄金世代の遅れ組で、志朗君とは試合で韓国へ遠征に行ったり、(石井)一成とも住み込みをして一緒に練習したりしていました。ここで世界タイトルを獲って少しでも近づければと思っています」と意気込んだ。

山浦と対戦するコンゲンチャイ

 対するコンゲンチャイは元ルンピニースタジアムの上位ランカーで、元WPMF世界ライト級王者・増田博正や、5冠を経験する翔・センチャイジムら強豪日本人を得意のヒジ打ちで沈めてきた。その実力は健在で、昨年11月にはWPMF世界スーパーフェザー級王者の岩城悠介に判定勝利している。

 山浦との対戦に向けて「ムエタイテクニックが凄くあり、強そうな印象です。これまでの選手と比べてもトップレベルに強い。本場のムエタイテクニックを見せます。蹴りで相手の腕を破壊しますので、しっかり相手の表情を見ながら楽しんでもらいたいです」と意気込んでいる。

 メインイベントで勝利し、世界王座を戴冠するのはどちらか。

☆今大会のスケジュールはこちら

●編集部オススメ

・【NJKF】無敗のJKファイター・藤原乃愛を迎える王者・Ayaka「叩き落とします」等5大タイトルマッチが決定=5.21川崎

・【NJKF】王者・浅井春香「“強いな”と思わせる試合をしたい」、KAEDEとの再戦で王座防衛戦に臨む=5.21神奈川

・【素手ボクシング】スキンヘッド刺青の男が秒殺KO負け!左目狙いのオーバーハンドに沈む

・【新日本キック】重森陽太がムエタイ王者とドロー、リカルドは強烈ボディブロー一撃で豪快KO勝ち!=5.15

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子、試合参戦の過去も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧