TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】シーザー武志の次男・村田義光と奥山貴大が王座決定戦、イモト・ボルケーノvs松山翔、坂本優起vsマウンテンRYUGOも決定=6.26

2022/06/01(水)UP

奥山貴大vs村田義光

 2022年6月26日(日)に東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2022 act.3』の追加対戦カードが発表された。
 海人が返上し、空位となっていたSB日本ウェルター級王座を懸け同級1位・奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ)と同級4位・村田義光(シーザージム)の対戦が決定。

【動画】シーザー武志次男・村田義光がKO勝利

 奥山は長らくSB日本ウェルター級トップ戦線で活躍し、2019年2月には前SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起に判定勝利。前戦は昨年10月のSB愛知大会で、MMAファイター・阿部路人に勝利している。タイトル挑戦は2016年9月にSB日本スーパーライト級王座決定戦に挑戦して以来、2度目だ。

 対する村田はシーザー武志会長の次男で、182㎝の長身から繰り出される長いリーチを活かした打撃を得意とする。プロ戦績12戦10勝(7KO)2敗と高いKO率を誇り、プロ13戦目で念願のSB王座獲得へ挑む。

イモト・ボルケーノvs松山翔

 67.0kg契約にて、SB日本スーパーライト級王者のイモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ)が松山翔(菅原道場)と対戦する。

 イモトは昨年12月のSB日本スーパーライト級王座決定戦にて、元SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明との大接戦を制し王座を獲得。今年3月には元J-NETWORKスーパーウェルター級王者・森本一陽に勝利し現在4連勝中と波に乗る。

 対する松山は、同大会のメインイベントに出場するバズーカ巧樹と同じ菅原道場所属で、バチバチの打ち合いを得意とする選手だ。

坂本優起vsマウンテンRYUGO

 SB日本ヘビー級2位・坂本優起(シーザージム)とマウンテンRYUGO(TenCloverGym)の対戦も決定。坂本はスーパーウェルター級からヘビー級へ転向後、SBでは6戦無敗を誇る。対するマウンテンは地元の団体・静岡KICKを主戦場に活躍し、今年2月の『RIZIN TRIGGER 2nd』では笹田勝俊にTKO勝利している。

<追加対戦カード>
▼SB日本ウェルター級王座決定戦 67.5kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ/同級1位)
vs
村田義光(シーザージム/同級4位)

▼67.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級王者)
vs
松山翔(菅原道場)

▼SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
坂本優起(シーザージム/SB日本ヘビー級2位、前SB日本スーパーウェルター級王者)
vs
マウンテンRYUGO(TenCloverGym)

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】シーザー会長次男・村田義光がKO勝利

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】笠原弘希とバズーカ巧樹の王者対決が決定、佐藤執斗とHIROYUKIが激突=6.26

・【シュートボクシング】奥山貴大が阿部路人を破る

・【シュートボクシング】村田義光が2R KOでSHINGOとの再戦制す

・笠原弘希が西岡蓮太を右フックで倒してSB史上初の三階級制覇!

・MISAKI、26歳バースデーを”美腹筋”マッスルポーズで報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧