TOP > ニュース 一覧

【極真会館】南原健太が初優勝!RISEにも参戦する選手ら活躍=全日本体重別

2022/06/12(日)UP

キックボクシング『RISE』でも活躍する南原健太(中央)が初優勝を果たした。

 6月4日(土)5(日)、エディオンアリーナ大阪にて、極真会館(松井館長)と真正会の共同開催で「2022オープントーナメント全日本体重別空手道選手権大会」が男子5階級、女子2階級で行われた。

 男子軽重量級(-90kg)では、空手とキックボクシングを両立し『RISE』でも活躍する南原健太(極真・東京城北支部)が初優勝を果たした。

南原が豪快な前蹴りを相手のボディに突き刺す

 準決勝で南原は同門の後輩・西村大河(極真・東京城北支部)、決勝では徳田寛大(極真・大阪南支部)を相手に危なげない戦いぶりを見せて本戦の判定で試合を決めて優勝した。

 南原は、少年部時代は那須川天心のライバルとして何度も表彰台の頂点に立ったが、一般部になってからは全日本ウェイト制で2015年重量級3位、2018年重量級2位の実績があるのみで、優勝は今回が初めてだった。

コナレンコ(左)が重量級を制した

 男子重量級(+90kg)は、一昨年の第52回全日本大会チャンピオンで、4月の第53回大会は顔面殴打の反則で4位となったコンスタンティン・コバレンコ(極真・総本部道場)が準決勝で岩田大(極真・神奈川横浜港南支部)、決勝で長澤大和(極真・北大阪支部)に本戦判定勝ちして力の差を見せつけて優勝を遂げた。

▶︎次のページは、RISEに参戦する選手らも活躍、上位入賞、女子の結果も

●編集部オススメ

・【RISE】”天心の極真時代のライバル”南原健太がタイ人をKOしデビュー2連勝をマーク=試合結果

・【新刊】大山倍達”70年前”のアメリカ遠征を徹底調査、プロレスラーと戦い勝利した記録も発掘

・【極真会館】倒れた相手への当てる突きを許可、実戦ルールの進化で6月の他流派の挑戦にも期待

・【極真会館】佐藤七海が止まらない怒涛連打で2連覇! 大学院ではDNA研究の理系女子

・【空手】植草歩、五輪後の復帰戦で金メダル!高速の突きが冴える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧