TOP > ニュース 一覧

K-1女王KANAとフランスのラウェイ世界王者がバキバキ腹筋で計量パス、両者とも”KO宣言”=6.25代々木

2022/06/24(金)UP

KANA

 2022年6月25日(土)に東京・国立代々木競技場 第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』の前日計量が行われた。
 [K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ]で対戦する王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)はリミットの52.0kg、挑戦者スーリ・マンフレディ(フランス/LOOKYAMO TRAINING CAMP)は51.9kgで計量パス。そして緊張感漂うフェイスオフから両者握手を交わした。

【フォト】両者バキバキ腹筋!KANAとスーリ・マンフレディの前日計量写真

KANA(左)とマンフレディ

 KANAはKrush女子フライ級王者から19年12月に念願のK-1初代女子フライ級王座決定トーナメントで優勝し王者に。
 K-1 JAPAN GROUP女子選手の第一人者として、男子の中に混じって試合を行なってきたKANAにとって、今回の女子だけの単独のK-1開催は悲願だった。

 対戦するマンフレディは、タイ在住のフランス人ファイター。ミャンマーラウェイのWLC(ワールドラウェイチャンピオンシップ)世界王者で、素手ボクシングにも参戦。WBCムエタイでは3位にランクインする。戦績は43戦33勝(20KO)9敗1分と高いKO率を誇る。。

 会見でKANAは「この日に向けてばっちり調整が出来ました。本当に明日は自分のこのベルトとも勝負ですし、世間とも勝負ですし、全てにおいて明日は勝負の日だと思うのでしっかり勝ちに行きます」と闘志を燃やす。

 対するマンフレディは「この大会の中でタイトルマッチという試合をやらせていただけることをとても嬉しく思っています。相手のKANAさんはチャンピオン、私も違う団体でのチャンピオンです。明日はチャンピオン同士の戦いとなります。面白い試合になると思います」とやる気を見せる。

 KANAが「100%KO決着、倒して終わります」と言い切れば、マンフレディも「もちろん私も明日はKOを狙って、KOのチャンスがやってくるのをしっかり見届けながら彼女との試合に臨みたいと思います」倒す宣言。

 目の離せないKO必須な熱いメインイベントに期待が持たれる。

<計量結果>
▼第17試合/K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/王者)→52.0kg
vs
スーリ・マンフレディ(フランス/LOOKYAMO TRAINING CAMP/挑戦者)→51.9kg

▶次ページは【フォト】KANAとスーリ・マンフレディの前日計量写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】この大会の生中継、放送、配信情報

・【K-1】女子大会の全試合順決定、メインは王者KANAの防衛戦、セミは菅原美優・MIOらアトム級王座T決勝=6.25

・【K-1】女子大会出場の海外4選手が公開練習、王者・KANAに挑戦するマンフレディ「私が最強のファイター」=6.25

・【K-1】KANA「世間にも世界にも見てろよ」漲る反骨心、KOで女子単独大会を成功に導くか⁉=6.25

・【K-1】KANAが初防衛戦、20KO勝利の強打者・フランス選手を「100%KO決着で失神させる」=6.25

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧