TOP > ニュース 一覧

【テクニック】天心の勝因、武尊の敗因を久保優太が解説、勝敗ポイントは「足の位置、メイウェザーのディフェンス」

2022/06/25(土)UP

ダウンの瞬間の一枚、ここに足の位置、メイウェザーのディフェンス技術が組み込まれていた

 6月19日に『THE MATCH 2022』で行われた那須川天心と武尊の勝敗をわけたポイントを、元K-1王者の久保優太が自身のYouTubeチャンネルで分かりやすく解説した。識者があらゆる角度で世紀の一戦を語っているが、「びっくりするほどわかりやすい解説」とファンが驚くほど的確な分析となった。

【解説写真と動画】久保が指摘する勝敗を分けたポイント、わかりやすく解説

 久保は弟の賢司とともに、天心と武尊になって実演。まず久保は、武尊が最初に放った右ミドルキックを続けていれば展開が違ったと指摘した。左構えのサウスポーの天心、右構えの武尊は、前足を相手の外側の位置へ置くような争いがあったという。

右vsサウスポーの戦いは、前足が外の空間に行くのがセオリー。中の空間に行くと強力な攻撃が出にくい。

「これはサウスポーとオーソドックスの選手が戦う場合のセオリーなんですが、前足を相手の外側に置くとミドルやパンチを当てる時に力のある攻撃ができます。逆に外側を取られた選手は利き手で攻撃しても力が弱いか、当たりません」と久保は説明する。

 そして、武尊が相手の外側を取った瞬間、逆に天心はジャブを当てることができたと指摘する。利き手の攻撃は当たりにくいが、ジャブは逆に当たりやすくなる。当ててから天心は外側に素早く移動し、優位に立っていた。

 武尊が右ミドルキックを蹴り続ければよかったが、三日月蹴りに変えたことで軌道が近くなり、かわしやすくなったという。

▶︎次のページは「天心のダウンはメイウェザーのディフェンスの動きから生まれた」

●編集部オススメ

・【テクニック】武尊の大振りは天心のカウンターを誘うため!? 濃い攻防と天心の巧みなディフェンス力に迫る

・【テクニック】武尊、空振り続くも3Rに1発の右が天心の顔面にヒット!天心は仰け反るも異次元の反撃へ=試合結果・分析

・【THE MATCH】天心が武尊に勝利した新事実!実は手の長さが有利に働いていた

・【THE MATCH】天心が左フックで武尊からダウン奪い判定勝ち、無敗のまま有終の美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧