TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】パク・シウ、浅倉カンナに勝利し「気分は良いけど、胸が痛い」山本美憂との練習の成果も

2022/07/31(日)UP

準決勝へ駒を進めた韓国強豪パク・シウ

 7月31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント『湘南美容クリニック presents RIZIN.37』の[第10試合 RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2022スーパーアトム級 トーナメント一回戦]で、浅倉カンナ(パラエストラ松戸)に判定勝利したパク・シウ(韓国/KRAZY BEE)が試合後インタビューに応じた。

【フォト】パクが計量で見せたバキバキ腹筋、強フィジカルで浅倉カンナを圧倒!

 パクは、RIZIN王者であるハム・ソヒと同じTEAM MADにかつて所属し「ハム・ソヒの妹分」として知られ、現在は山本美憂と同じKRAZY BEEに所属。浅倉とパクは一緒に練習していたこともあり、互いのことを知り尽くした戦いとなった。

 試合ではレスリング出身の浅倉のタックルをことごとく切ったパクが、打撃で浅倉を圧倒。グラウンドでは腕十字も仕掛け、全局面で優位に立ち判定勝利した。

インタビューを受けるパク

 インタビュー会場に現れたパクは「試合に勝利出来て気分は良いですけど、カンナ選手とは仲が良いので、胸は痛いですね」と複雑な心境を吐露する。

 浅倉得意のタックルをディフェンスしきったことについては「私は比較的打撃が得意な選手なんですが、MMAでは全部出来なくてはいけない。タックルを切る練習は、カンナ選手と決まったから、決めたわけではなく、昔から想定し培ってきたものが、ただただ出たもの」と常にトータルファイターを目指していると語る。

 やはりレスリング出身で、現在は同門の山本美憂とは「色々なアドバイスをくれますし、美憂選手も私も頑張る選手なので相性も合いますし、常に高め合える」と山本との練習の成果も勝利にプラスしてそうだ。

 これで準決勝進出となったが「私は常に、やりたい選手というのはいない。トーナメントだからといって変わることはなく、一試合一試合向き合って、提示された相手と全力でやりたい」とストイックに意気込んだ。

▶次のページ:【フォト】パクが計量で見せたバキバキ腹筋、強フィジカルで浅倉カンナを圧倒!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・パク・シウが浅倉カンナを下し準決勝進出、全局面で優位に立つ

・【RIZIN】7.31 全試合 結果 速報(女子スーパーアトム級WGP、所英男vs神龍誠ほか)ライジン 試合結果

・【RIZIN】武田光司、ジャーマン連発でジョニー・ケース越え

・【RIZIN】RENA、流血も打撃戦で制し準決勝へ!ウクライナMMA世界女王を退ける

・まさに”豪快”!スダリオ剛が秒殺KO勝利、関根シュレックを一撃で沈め「次は外国選手で」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧