TOP > ニュース 一覧

【スックワンキントーン】タイの実力者・タナデーとMASA BRAVERYが対戦、宮坂桂介と桂英慈のタイトルマッチ=8.28

2022/08/04(木)UP

タナデー・ウォーワンチャイ(左)とMASA BRAVERY

 8月28日(日)に東京・新宿FACEで『スックワンキントーン to challenge 2』が2部興行で開催される。17時30分開始の第2部メインイベントでは、タナデー・ウォーワンチャイ(タイ)とMASA BRAVERY(BRAVERY GYM)が53.3kg契約で対戦する。

 タナデーは元プロムエタイ&ルンピニースタジアム フライ級1位で、96戦67勝24敗4分という戦績を持つ24歳。“タナデー・トープラン49”のリングネームで軽量級のトップ戦線で活躍した。2018年の『True4U』で福田海斗とスーパーフライ級タイトルマッチを戦い判定負けを喫した。
 その後一旦リングを離れるも、昨年10月に復帰し、フライ級のトップ選手ペットデー・ウォーサンプラパイに得意のヒザでKO勝利を飾り、依然としてトップクラスの実力者であることを証明した。

福田海斗にミドルキックを蹴り込むタナデー(左/2016年1月)

 対するMASAはM-1世界バンタム級王者、WPMFインターナショナルスーパーフライ級王者、WMC日本スーパーフライ級王者の肩書を持つ30歳で、戦績は28戦17勝10勝1分。今回は自分の3倍以上の戦績を誇るタナデーとの対戦となる。

 セミファイナルでは[スックワンキントーン ウェルター級タイトルマッチ]が行われ、吉田敢(bring it on)と野津良太(E・S・G/NJKFウェルター級1位)が対戦、第7試合では85kg契約で武来安(上州松井ジム/WPMFライトヘビー級王者、元WMCインターコンチネンタルライトヘビー級王者、元J-NETWORKライトヘビー級王者)とHIDE KMG(クラミツムエタイジム)が対戦する。

パンチを放つ桂(2022年6月)

 12時開始の第1部メインイベントでは[スックワンキントーン バンタム級タイトルマッチ]が行われ、宮坂桂介(ノーナクシン東京)と桂英慈(クレイン)が対戦する。

 宮坂は沖縄のキックボクシングプロモーション『TENKAICHI』で活躍し、2016年11月にバンタム級王座を獲得。その後ノーナクシン東京へ移籍し東京の地で新たなスタートを切っている。戦績は21戦11勝9敗1分。

 対する桂は18歳の新鋭で、6戦5勝1敗のサウスポー。今年6月の『スックワンキントーン to challenge』では、過去にRIZINで吉成名高とも対戦した石川直樹にハイキックでTKO勝利している。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

●編集部オススメ

・石井一成、猛烈連打でダウン奪う勝利!K-1福岡出撃へ「ムエタイを背負って」

・ブアカーオと三浦孝太の対決が正式決定=8.19ラジャダムナン

・タナデーが福田海斗に330万円マッチで勝利=2016年11月

・【スックワンキントーン】桂英慈が石川直樹にTKO勝利

・ぱんちゃん璃奈が沖縄のビーチでスクワット!怪我の回復へ努力重ねる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧