TOP > ニュース 一覧

【K-1】佐藤嘉洋がヨーロッパ4選手を解説「メレティスは馬力では世界トップレベル」=9.11横浜

2022/08/22(月)UP

(左から)ジョーダン・スウィントン、メレティス・カコウバヴァス、アダム・ブアフフ、 アヤブ・セギリ(C)K-1

 9月11日(日)に神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~よこはまつり~』に参戦するヨーロッパの4選手を、K-1 WORLD MAX 2006・2007日本王者・佐藤嘉洋が解説した。

■<和島大海と対戦>メレティス・カコウバヴァス

 和島大海 (月心会チーム侍)と [スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で対戦するメレティス・カコウバヴァス(ギリシャ/Kritikos camp)は、強烈なフックを武器にした豪腕ファイター。

メレティス・カコウバヴァスの写真を持つ和島大海

 佐藤は「メレティスは『マジでつええぞ!』という選手ですよ!パンチがものすごく重くて、馬力では世界トップレベルでしょうね。ヨーロッパでは強豪選手とやっているんですけど、そういう相手がコロコロ転がされてましたからね。あの馬力は本当に凄いですよ」と解説。

 対戦相手の和島に対して佐藤は「メレティスはパンチを振り回す選手で、和島は真っ直ぐ下がっちゃう時があるんですよ。そうするとメレティスのガン!ガン!ガン!と前に出ながら打ってくるパンチがバコーン!とクリーンヒットしてしまう可能性はあります。和島はそこをものすごく気をつけた方がいいと思いますね」とアドバイスを送る。

 また、「サウスポーの和島がどうしたらいいかというと、下がる時は相手のパンチに押されて下がるのではなくて、徹底的に相手よりも速く下がることなんですよ。自分から先に攻撃して下がって…のヒット&アウェイを徹底するか、それか自分から距離を潰してしまうことですね。メレティスは危険な相手ですが、徹底的に距離を潰して削り合いに持ち込めればいける気がします」と共に勝機を探る。

 今年6月の『THE MATCH 2022』の和島を見たという佐藤は「和島はもう世界の強豪とやっていかなければいけない立場になったと思います。だから今回が本当に試金石ですよね。メレティスに勝てば本当に大きいですよ」と期待をかけた。

▼スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
和島大海 (月心会チーム侍)
vs
メレティス・カコウバヴァス(ギリシャ/Kritikos camp)

▶次ページは<金子晃大と対戦>ジョーダン・スウィントンについて解説

●編集部オススメ

・【K-1】武尊返上のSフェザー級王座T開催!大岩龍矢やレオナ・ぺタス、朝久裕貴、ISKA王者・ブアフフら参戦

・【テレビ・配信】8.26 武居由樹が東洋太平洋王座に挑む!ボクシング TV 生中継、放送、配信情報

・【K-1】金子晃大、初の国際戦で巻き返しを約束!「ガンガン前に出てくるんで、噛み合うと思う」好勝負の予感も

・武尊、ヒザの手術で車いす姿も「これからイベントへ」地元米子へ飛ぶ

・武尊、東京ドーム巨人戦の始球式に成功!涙の天心戦から1ヶ月で満員の観客に笑顔

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧