TOP > ニュース 一覧

【ビッグバン】鬼山桃太朗、名づけ親の卜部弘嵩引退に「僕がKO勝ちすることで華を添えたい」

2022/09/11(日)UP

メインで対戦する王者・鬼山桃太朗(右)と挑戦者・一航(左)

 2022年9月11日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Bigbang 統一への道 其の43』の前日計量が10日(土)13時~都内にて行われた。
 メインイベントのBigbangスーパーバンタム級タイトルマッチで対戦する王者・鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)、挑戦者・一航(新興ムエタイジム)は共に55.3kgで計量をクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

鬼山桃太朗

 2020年11月の王座決定戦で戸井田大輝に判定勝ちし今回初防衛戦を迎える鬼山は「ここ数戦結果を残せていませんが、いい意味でプレッシャーがあります。明日はメインなのでしっかりKOで大会を締めたい」とKO宣言。
 ムエタイルールでの試合をメインにこなしてきた一航は「明日はキックルールで初めてのタイトルマッチということで落とせません。絶対に獲りたいと思います」と3本目のベルト奪取を予告する。

一航

 お互いの印象については、鬼山は「ムエタイスタイルのテクニシャン」と評価すると、一航は「試合を見ていてプレッシャーが強く、パンチでガツガツ来るイメージがあります」という。

 どういう勝ち方をしたいかとの問いには、一航は「自分にはムエタイのイメージがあると思うのですが、そのイメージを壊します。最近はKOで勝つことを目標にしていてパンチをしっかり練習してきたので倒せる試合をお見せしたいです」とキックルールに順応した戦い方でKOすることを目標に掲げた。

 それに対し、鬼山は自身のリングネームの名づけ親である同門の卜部弘嵩が同日に開催されるK-1で引退セレモニーを行うことについて触れ、「本当は会場に駆けつけたかったのですが、僕がKO勝ちすることで華を添えたい」とした。

メインイベント1で対戦する山際和希(右)と都木航佑(左)

 また、もう一つのメインイベント(67kg契約)で対戦する山際和希(谷山ジム)は67.0kg、KROSS×OVERウェルター級王者・都木航佑(キャピタルレイズ)は66.8kgで計量をパス。

 山際は「今回若くて素晴らしい選手が相手と言うことで燃えています。前回は野村太一選手に2ポイント差を付けて勝ったと思ったのですが、周りはドローと思われていて身内びいきと言われてビックリしています。僕はもういい年で若い選手に負けたら終わり。今回は勝ったと思われる内容でしっかり倒したい」と完全決着を予告。

 対する、Bigbang初参戦の都木は「この階級で日本一になるための一戦と考えているので普通に勝ちます。試合をコントロールしてタイミングを見てKOしたいと思います」と意気込みを語った。その他の選手の計量結果は以下の通り。

▼第9試合 スーパーライト級
加藤 港(WSRフェアテックス三ノ輪)63.5kg
平澤優聖(士道館植野道場)63.4kg

▼第8試合 ヘビー級
工藤 勇樹2.0(エスジム)
真島 達也(谷山ジム)

▼第7試合 54kg契約
鈴木太尊(谷山ジム小田原道場)53.8kg
橋本実生(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)54.0kg

▼第6試合 58kg契約
大田拓真(新興ムエタイジム)58.0kg
龍斗(team NOVA))57.9kg

▼第5試合 55.0kg契約
蘭丸(team AKATSUKI)54.8kg
梅田将成(KFG URAWA)55.0kg

▼第4試合
相馬勇悟(G-1 TEAM TAKAGI)78.6kg
長沢宜幸(谷山ジム)

▼第3試合 95kg契約
アンドレ(谷山ジム)89.5kg
ポンコツバケモ会長(上石ジム)95.0kg

▼第2試合 フライ級
小寺雄太(谷山ジム)56.8kg
高橋 大輝(エスジム)56.4kg

▼第1試合 フライ級
小林 拓斗(T.G.Y)49.1kg
麗斗(K-1ジム総本部チームペガサス)48.5kg

▼オープニングファイト 65kg契約
谷津公一郎(インスパイヤードモーション)64.4kg
土田柊太郎(心成塾)63.3kg

●編集部オススメ

・【ビッグバン】王者・鬼山桃太朗が三冠王・一航を迎え防衛戦、山際和希vs都木航佑の王者クラス対決も

・【ビッグバン】旧K-1時代の決着戦も城戸康裕が判定勝利、15年ぶりのSHIRASUと再戦に「強かった」=6.12

・【ビッグバン】佐藤天馬がムエタイ強豪のヒザ地獄で塩漬けドロー、体重1.2kgオーバーの力也は武己と引き分け

・【ビッグバン】昇也が王座陥落、増井侑輝が新王者! 小川健晴がFUMIYAから逆転KO勝利でウェルター級王座獲得

・【ビッグバン】昇也が王座陥落、増井侑輝が新王者! 小川健晴がFUMIYAから逆転KO勝利でウェルター級王座獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧