TOP > ニュース 一覧

壮絶KO負けで緊急入院した西島洋介が退院、頭部内の出血収まる

2022/10/04(火)UP

本日退院した西島洋介

 9月24日(土)愛媛・近藤興業津根ベース特設会場で開催された『日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 17 しこちゅう格闘まつり』のメインイベントで将軍岡本に壮絶なTKO負けを喫し、試合後に救急搬送されていた西島洋介(チーム西島洋介)が、本日4日午前中に退院した。

【フォト】西島洋介が壮絶ダウン、気を失い騒然となる瞬間

 西島は[ICO認定インターコンチネンタルヘビー級タイトルマッチ 3分5R]で、元力士でプロレスラーの将軍岡本と対戦し、4R 1分39秒に強烈な左フックでKO負けを喫した。試合後、リングドクターの判断により救急車にて四国中央市の病院に緊急搬送され、急性硬膜下血腫と診断されていた。

 ICUに2日間入り、出血が続くようであれば開頭手術の必要があったが、幸い出血は収まり、開頭手術には至らなかったという。その後はICUから一般病棟に移り、様々な検査を経て退院となった。

ボブ・サップにパンチを打ち込む西島洋介(左/2013年11月)

 西島は90年代、日本人としては珍しい本格派のヘビー級ボクサーとして一世を風靡。ボクシングではNABO王座、OPBF東洋太平洋王座、WBF世界王座を獲得し、最終的にも24勝(15KO)2敗1分の好成績を残した。

 その後PRIDE、K-1に参戦し、2013年の引退試合でボブ・サップにKO勝ち、見事40歳で有終の美を飾ったと思われたが、44歳でカムバックしていた。今後の西島の更なる回復を祈りたい。

▶︎次ページは【フォト】西島洋介が壮絶ダウン、気を失い騒然となる瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【チャクリキ】将軍岡本が強烈フックで西島洋介をKOし新王者に、青木真也がプロレス戦で勝利、前口太尊が佐野直を撃破

・【LEGEND】西島、引退試合でボブ・サップを秒殺KO

・女子プロレスラー小林香萌がバキバキ化、フィジーク初挑戦で3位「減量との戦いだった」

・【チャクリキ】入田和樹が病欠で王座返上、西島洋介vs将軍岡本の王者決定戦へ=9.24

・【シカティック追悼大会】元大相撲同士のヘビー級キック対決が実現、MMAでは清水俊一が一本勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧