TOP > 試合結果

【LEGEND】西島、引退試合でボブ・サップを秒殺KO

2013/11/17(日)UP

ラウンドガールムービー&写真集
ラウンドガールの動画や写真集はこちら! 中井りんのラウンドガール初挑戦(パンクラス)、ラウンドガール同士のビジュアルファイト(J-NETWORK)等、多数

▲引退試合で勝利した西島洋介を祝福する仲間たち

神風塾
「火の国格闘伝説 LEGEND 4」
2013年11月17日(日)熊本・益城町総合体育館メインアリーナ

▼トリプルメインイベント3(第12試合) キックボクシング特別ルール 3分3R
○西島洋介(WBF世界クルーザー級王者、OPBF東洋太平洋クルーザー級王者、NABO北米クルーザー級王者)
KO 1R2分36秒
●ボブ・サップ(アメリカ/K-1 JAPAN GP2005王者)

 日本人として初めてボクシングの重量級で世界チャンピオンとなった西島は、PRIDE、K-1に参戦。今回引退試合でサップと激突した。西島はボクシングにこだわりを持っていることから、今回の一戦でボクシングシューズを着用するために、全ての蹴り技が認められないキックボクシング特別ルールに挑む。

 1R開始のゴングが鳴ると、まず仕掛けたのは西島。パンチの連打で後退させたが、サップが首相撲でガッチリ固めヒザ蹴り。

 20cmも背丈で上回る男にホールドされ、さすがに身動きの取れない西島はひたすら防御に徹しブレイクを待つ。サップがラッシュで西島をコーナーに追い込むと大振りのパンチ、飛びヒザ、ハイキック。

 これらを耐えた西島が周り込んでサップをコーナーに追い込むとパンチを上下に散らす。たまらずサップはダウン!

 立ち上がったサップだったが、弱弱しい表情を見せKOはもはや時間の問題。西島がボディから左右フックを強振すると、サップはその場にうずくまり立ち上がれず。西島が引退試合を見事なKOで締めた。

 マイクを握ると、「サップと対戦できたのは皆さんのおかげです。ありがとうございました。つい最近家族と離れて練習する環境を作れたので、家族には感謝します。出来れば、家族の元に帰りたいと思います。ここまで支えてくださった皆様のおかげで無事にここまで来ることが出来ました。最後の相手になってくれたサップ選手にも感謝します」とあいさつ。リング上で10カウントゴングが鳴らされ、西島はリングを降りた。


 


▼トリプルメインイベント2(第11試合) ヘビー級 キックルール 3分3R
○天田ヒロミ(デジタルスピリッツ)
判定2-0
●Mr.神風(神風塾/ISKA沖縄クルーザー級王者、OMAFヘビー級王者、天下一武道会ヘビー級王者)

 天田は、かつてK-1ヘビー級戦線で活躍し、K-1 JAPAN GP2004優勝。対する神風は、31歳から琉球空手(上地流)を学び、在沖縄米軍兵士らと200戦を超える死闘を繰り広げてきた異色の経歴を持つ格闘家。未だ衰えを感じさせない肉体と精神力で、2年前の「LEGEND 2」ではピーター・アーツと対戦した。

 1R序盤、天田がボディから左右フックと上下に攻撃を散らす。神風は防御を固めながら豪快な左フックをカウンターで返す。天田は被弾しながらもパンチ、ヒザを返す。

 手数では断然に天田が上だが、神風の左フック、右ロー、バックスピンキックがどれもKOにつながるもので緊迫した空気が流れる。

 3R、パンチで倒れないとみたか、天田はパンチに右ローを加えた攻撃で徐々にペースを上げる。神風はローをカットすることなく全て太ももで受け、ロー、ミドルを返す。お互いに渾身の攻撃を交換し、その一発一発の激しさに場内からはどよめき。決定打はなかったが、手数で上回った天田が接戦をモノにした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

ラウンドガールムービー&写真集
ラウンドガールの動画や写真集はこちら! 中井りんのラウンドガール初挑戦(パンクラス)、ラウンドガール同士のビジュアルファイト(J-NETWORK)等、多数

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果