TOP > ニュース 一覧

【UFC】“引退間近”のショーグン、若手強豪ポティエリアと対戦か=海外報道

2022/10/06(木)UP

元PRIDEミドル級GP王者で元UFCライトヘビー級王者のマウリシオ・ショーグン・フア©️UFC

 元PRIDEミドル級GP王者で元UFCライトヘビー級王者のマウリシオ・ショーグン・フア(40=ブラジル)が、2023年1月21日(日本時間22日)にブラジルで開催予定の『UFC283』のライトヘビー級マッチにて、初参戦のイホール・ポティエリア(26=ウクライナ)と対戦すると、海外MMAメディア『MMA Mania』が5日に報じた。

【動画】PRIDE時代、ショーグンがランページをサッカーボールキックでKOした瞬間!(=05年4月)

 ショーグンはPRIDEで活躍し、日本の格闘技ファンにもおなじみの人気選手。これまでPRIDEミドル級GP2005で優勝し、UFCでも10年にリョート・マチダを下しライトヘビー級王者に就いた。しかし、前戦となる今年5月にオヴィンス・サン・プルーに判定負けするなど過去2年で2連敗と勝ち星がなく、引退の噂が囁かれるように。

クレイグの打撃で顔が歪むショーグン(右)(getty/Zuffa LLC/UFC)

 ショーグン自身も昨年のメディアの取材で、残り1、2試合での現役引退の意志があることを明らかにしていることから、今回の母国ブラジルでの大会で引退する可能性はあるだろう。

 対するポティエリアはコンバットサンボとパンクラチオンの国際大会で優勝経験を持つ才能ある若手選手。昨年9月のUFC登竜門大会「Contender Series」でKO勝ちを収め、UFCと契約。今年7月のデビュー戦はKO負けしたものの、それまでは13連勝とその強さに陰りはない。

 “引退カウントダウンのショーグン、どのような戦いを見せるのか、今後の動向に注目だ。

▶︎次ページは【動画】PRIDE時代、ショーグンがランページをサッカーボールキックでKOした瞬間!(=05年4月)

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・“引退間近”のショーグンが前に出れず判定負け、サン・プルーに雪辱を果たせず

・53歳・UFCホワイト社長が”バキバキ”に!余命10年宣告に一念発起

・ヴァンダレイ・シウバがMMA正式引退を発表、そして息子のRIZIN参戦を視野

・元UFCヘビー級豪腕ロズウェル、衝撃の19秒殺KO勝利!素手ボクシング初戦で最優秀KO賞に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧