TOP > ニュース 一覧

【RISE】”韓国の鉄拳”チャンヒョンと対戦の中村寛「俺が試合に出たら盛り上がる」=10.15

2022/10/06(木)UP

ミットを打つ中村寛

 10月15日(土)に東京・大田区総合体育館で開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2022』の「SuperFight! -62.5kg契約 3分3R延長1R」でRISEスーパーフェザー級王者のチャンヒョン・リー(韓国/RAON)とノンタイトル戦で対戦する中村寛(BK GYM)が、所属ジムにて公開練習を行った。

【動画】中村寛が左ストレートの強烈カウンターでKO勝利

 中村は第6代DEEP☆KICK-60kg級王者。サウスポーでガンガン前に出るスタイルで、今年4月のRISEでは北井智大にKO勝利し、続く6月には『THE MATCH 2022』でK-1のレオナ・ペタスに判定勝ちして、強さを見せつけた。
 相手のチャンヒョン・リーは“韓国の鉄拳”、“コリアンデビル”の異名を持つハードヒッター。今年7月には2年半ぶりに来日して、暫定王者の一馬を4R KOで撃破し、王座統一に成功している。

チャンヒョン・リー(右)と中村寛

 対戦相手のチャンヒョンの存在について「話題とかvs誰々とか関係ないんで。俺が試合に出たら盛り上がるんで。それはほんまにわかってる人はわかってると思うんで、それをしっかり結果で残そうかなと思ってますね。俺の試合っていうよりかは『自分が出たら自分を見ろ』って思っていつも練習をやってるんで試合も変わらず、自分が楽しんでる姿を見たら楽しめる人は楽しめるんちゃうかなと思います」と気に留めない。

 相手の試合映像は会見前に1回、その後1、2回少し気になった時に見たが、後はほぼ毎日「ずっと自分と戦ってる感じ」なのだという。

蹴りを放つ中村寛

 今回の試合のテーマは自分に勝つことだという中村は「暴れれる感じになるかわからないですけど、サクッと終わったらまぁそれはそれで楽しんでください」とやる気を見せる。

 また、那須川天心がRISEとキックボクシングを卒業した立ち技格闘技界で、次のポスト天心に注目も集まるが、「みんな天心の座をどうこうとか言ってるけど、俺は別になんでもいいです。俺は普通に素でその日の自分を楽しんでたら俺の色が出るんで。みんなに合わせる気ないんで。それをわかる人間は盛り上がるだろうし、色とかあんま気にしてないですね。自分を自分で楽しみます」と、あくまで自分自身との戦いというスタンスを保つ。

『身勝手の極意』を完全に身につけたと語った中村

 最後に中村はファンに向けて「俺が今回の試合からできるかなって思うのは無敗の時に出来てたことが取り戻せつつあるんで。テーマとしては今回の試合はドラゴンボールでいう『身勝手の極意』を完全に身につけたかなと思うんで、それを見て『うわ、悟空や』みたいな感じで見とってもらったらええんかなと思います」とメッセージを送った。

<対戦カード>
▼SuperFight! -62.5kg契約 3分3R延長1R
チャンヒョン・リー(韓国/RAON/第5代RISEスーパーフェザー級王者)
vs
中村 寛(日本/BK GYM/ライト級3位、第6代DEEP☆KICK-60kg級王者)

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】中村寛が左ストレートの強烈カウンターでKO勝利

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】チャンヒョン・リーvs中村寛が決定、日韓剛腕対決に「どつきあいする」(中村)

・【RISE】那須川龍心、天心のキック引退に「デビューしたばかりですが、僕が引っ張っていきたい」=公開練習

・【RISE】帰ってきた”韓国の鉄拳”チャンヒョン・リーがダウンはね除け一馬をKO撃破、初防衛に成功

・【RISE】引退発表の”21歳の女王”寺山日葵、復帰も否定「スパッと辞める」同門の那須川天心にも感謝

・【テレビ・配信】2022 世界柔道=阿部一二三、詩、ビロディドら出場、生中継・放送・配信情報(10.6~10.13)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧