TOP > ニュース 一覧

【修斗】ライカが韓国キム・ソユルと仕切り直しの一戦、元環太平洋王者・根津優太の引退セレモニーも開催

2022/11/20(日)UP

ライカとキム・ソユルが仕切り直しの対戦決定

 11月27日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるプロフェッショナル修斗公式戦『PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.7』で、元プロボクシング3階級世界王者・ライカ(RIGHTTHING ACADEMY)とキム・ソユル(韓国/MOB Training Center)の、女子フライ級の試合が決定した。
 両者の対戦は9月に予定されるも、外国人入国の規制緩和によるビザ発給の遅れでキムが来日できず、試合が流れていた。今回ビザも無事発給され、仕切り直しの一戦となる。

杉本のタックルを潰しヒジ打ちを落とすライカ

 ライカは2000年に女子プロボクシングでデビューし世界3階級制覇を達成した。2014年1月に引退すると、その年からキックボクシングとMMA(総合格闘技)に参戦。今年9月に修斗へ初参戦し、キムの代替選手として急遽出場した杉本恵と熱戦を繰り広げドローとなった。

 対するキムは2017年にキャリアをスタートさせ、国内外で活躍。2019年に日本で開催されたONE Warrior Series(OWS)では、現修斗女子世界スーパーアトム級王者のSARAMIにも勝利している。

 フィジカル面ではライカが有利だが、KOでも一本でもフィニッシュでき、判定でしっかり勝ち切る戦術も持ち合わせているのがキム。階級を超越した異次元女子バトルに注目が集まりそうだ。

第4代環太平洋バンタム級王者・根津優太がいよいよグローブを置く

 そして、元環太平洋王者・根津優太(&MOSH)の引退セレモニーが今大会で行われることも決定。

 根津は2007年にプロデビュー、強烈なローキックを武器とするストライカーで、2014年3月には第4代修斗環太平洋フェザー級王座を獲得。その翌年5月のラージャ・シッペン戦で勝利した後は、約3年間、韓国のMMA団体『ROAD FC』で世界の強豪と渡り合った。
 2018年に修斗へ復帰すると3連勝を収めたが、2019年11月の倉本一真戦でTKO負け。今年7月に約3年ぶりの戦線復帰も、平川智也にスリーパーホールドで一本負けを喫していた。

 また、今大会への出場が発表されていた永尾音波(AACC)は、右下腿多発打撲症で全治1ヶ月と診断され欠場。予定されていた菅野縁(RISING SUN)との試合は中止となる。 

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など

●編集部オススメ

・ライカが修斗初参戦で杉本恵とドロー(記事下段)

・”グラマー筋肉女子レスラー”ちゃんよた、マッスル大会で初優勝!

・ヒョードル、KO負け喫した雪辱ベイダーとのヘビー級タイトル戦&引退試合が決定!=ベラトール

・青木真也がKO負け直後に号泣「秋山さんとやった時から…」

・井上尚弥の背中に角が生えた!?鳥の羽根のような肩甲骨にも爆発的な破壊力の予感

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧