TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】世界最速KOのテテ、禁止薬物陽性で4年間出場停止の危機!陣営は間違い主張

2022/11/22(火)UP

11秒世界最速KO記録を出したテテ(17年11月 Getty)

 世界最速KO記録を持つ元2階級制覇王者ゾラニ・テテ(34 =南ア/WBO3位)が禁止薬物で陽性反応が出たと南アフリカの新聞『The Daily Dispatch』が21日(現地時間)に報じた。それによると7月にロンドンで、4回KO勝利後、ドーピング検査で陽性反応、現在“B”サンプルで再検査中で、それも陽性の場合、4年間の出場停止となる可能性に直面しているという。

【動画】世界記録11秒! テテの一撃”失神”KO劇! 

 テテがテストに失敗した禁止薬物は発表されていないが、テテのマネージャーであるテンギムフェネ氏は同メディアに「我々は、これは一つの大きな間違いであると確信しています。ゾラニはこのことを全く知らないし、私が彼と一緒にいる間、彼は一度もドーピングテストに落ちたことがない」と主張する。

 もしテテの“B”サンプルから同じ物質が検出されれば、英国ボクシング評議会は最大4年の出場停止処分を科す可能性がある。テテのチームが、故意に禁止薬物を使用したのではないという説得力のある主張をすれば禁止期間は4年未満になる可能性があるという。

 テテは2017年11月のWBOの初防衛戦で11秒KOの世界最速記録を出し大きな話題に。2019年11月にジョンリエル・カシメロに敗れ王座陥落。そして今年7月にイギリスでジェイソン・カニンガム(英)にKO勝ち、WBOIBFインターナショナルSバンタム級王座を獲得した。再び世界王座を目指していたが、果たして結果はいかに。

▶︎次のページは【動画】世界記録11秒! テテの一撃”失神”KO劇! 

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【試合レポ】テテが11秒の失神KO劇、世界戦最速KO記録を更新

・バダ・ハリに圧勝のアリスター、禁止薬物陽性で再検査へ!

・【UFC】ミルコ、2年間出場停止、ドーピング発覚は抜き打ち検査

・IBF王者・尾川堅一が薬物陽性に「意図的に摂取した事実ない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧