TOP > ニュース 一覧

【K-1】衝撃KO負けのサッタリ「王者も時々失敗する、復讐する」

2022/12/05(月)UP

昨日ラテスクと激闘を展開したサッタリ、KO負けを喫し復習を宣言

 12月4日(日)に行われた、K-1大阪大会で衝撃KO負けを喫したマハムード・サッタリ(イラン/TEAM ŌTA/ICF)が本日5日、自身のツイッターを更新し、再起を誓った。
 サッタリは「チャンピオンは時々失敗します…でも私たちは立ち直り、復讐を果たします!」と英語で綴った。

【フォト5枚】サッタリが衝撃のダウンを喫する瞬間、その連続写真

 対戦相手のステファン・ラテスク(ルーマニア/SCORPIONS IASI)は、ヨーロッパで注目を集めている20歳の新世代ファイター。ジュニア時代にISKA世界クルーザー王座に就き、プロのリングでも東欧を中心に試合を重ねKOを連発している。対戦前から、サッタリよりも身長が1cm高い187cmだったが、それよりもやや高く見え、前日計量でも力こぶや広背筋の大きさが目立った。

 試合は2R、サッタリは左右のミドルキックで攻撃。ラテスクの鋭い左フックをかわすサッタリ。しかし、ラテスクの左フックを貰ったサッタリが後退。そして左フックでダウンするサッタリ。
 立ち上がったサッタリに、再びラテスクの左フックが炸裂。すぐにレフェリーがストップした。
 リベンジをするというサッタリ。果たしてリマッチはいつになるのか。

▶︎次ページは【フォト5枚】サッタリが衝撃のダウンを喫する瞬間、その連続写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】サッタリが衝撃のKO負け!新世代ラテスクの豪打に沈み無敗記録がストップ

・『K-1』12.3 全試合 結果 速報

・無敗サッタリが計量パス、相手は高身長+広背筋マッスルで威圧!剛腕対決へ

・【キック】元光GENJI 大沢樹生「これで一旦リング降りる」初勝利へ気合の一撃!=12.9

・巴投げで豪快に一本!男子66kgは丸山城志郎が優勝!【男子7階級の全入賞者 結果】=柔道GS東京

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧