TOP > ニュース 一覧

2023年『ミスター・オリンピア』優勝は“小柄な超マッスル”ランスフォード!「歴史が誕生したがこれは始まり」

フォロー
2023/11/07(火)UP

驚きの広背筋!2023年のミスター・オリンピアに輝いたデレク・ランスフォード@mrolympiallcより

 ボディビル大会の世界最高峰「ミスター・オリンピア」の第59回大会が今月2ー5日に米国フロリダ州で開催され、オープンクラス・ボディビルディングで、昨年準優勝者のデレク・ランスフォード(30=米国)が優勝した。ランスフォードは大会後「歴史は誕生したが、これは始まりに過ぎない」とさらなる活躍をアピールした。

【フォト】驚きの広背筋!デレクの超マッスルボディ

 ランスフォードは才能あふれる有望なボディビルダー。17年のNPC USAチャンピオンシップで優勝し、弱冠24歳でプロカードを取得した。167cmの小柄な体格のため212lbs(96kg)クラスで競い、21年には212lbs以下のミスター・オリンピアで優勝。昨年にオープンクラスで挑戦し2位、今年は初優勝を飾った。2階級制覇(無差別、212ポンド)は史上初。

 前年度よりさらに肉体を進化させたと言われていたランスフォードは、細く絞り込んだウエストとバルクアップした巨大な上半身による驚くべきプロポーションを披露した。

 ランスフォードは5日に自身のSNSにて関係者やファンに感謝の気持ちを述べると、「私はボディビルが大好きだ。好きな事を仕事にでき、さらに私がこの好きなことに自己犠牲し、献身する姿を世界に証明することができて嬉しい。これは私の勝利ではなく、皆の勝利だ。歴史は誕生したが、これは始まりに過ぎない」と、さらなる活躍をアピールした。

 昨年優勝者のハディ・チョーパン(35=イラン)は準優勝で連覇ならず、昨年6位のサムソン・ダウダ(31=ナイジェリア)が3位、2019年王者のブランドン・カリー(41=米国)は4位に終わった。

▶︎次ページは【フォト】驚きの広背筋!デレクの超マッスルボディ!

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・“小柄な超マッスル”今年こそミスター・オリンピア優勝へ!ランスフォードが大会前の驚異のボディ公開

・“ミスター・オリンピア王者”の怪物ビルダー・チョーパン、連覇に向け猛トレーニング!「キャリアで最も追い込んだ」

・【ミスターオリンピア】“突然変異体”ビルダー、ウォーカーがハムストリング断裂で欠場「人間だという事が分かった」

・“ミスター・オリンピア”元王者カリー、バルクアップした最新ボディに「モンスターだ」と驚きの声、返り咲き優勝に期待!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧