TOP > ニュース 一覧

史上最強の背中だ!オリンピア王者の“風船の様に膨らむ”広背筋に「この世のものじゃない!」

フォロー 友だち追加
2023/12/01(金)UP

2023年ミスター・オリンピア優勝のデレク・ランスフォード@dereklunsford_

 11月に開催されたボディビル大会の世界最高峰「ミスター・オリンピア」のオープンクラス・ボディビルディングで優勝したデレク・ランスフォード(30=米国)。29日に自身のSNSで背中のエクササイズを公開したが、その“風船の様に膨らむ”広背筋に「史上最強の背中だ」とファンが驚いた。

【フォト&動画】これが史上最強の背中だ!“風船の様に膨らむ”広背筋

 ランスフォードは才能あふれる有望なボディビルダー。17年のNPC USAチャンピオンシップで優勝し、弱冠24歳でプロカードを取得した。167cmの小柄な体格のため212lbs(96kg)クラスで競い、21年には212lbs以下のミスター・オリンピアで優勝。昨年にオープンクラスで挑戦し2位、今年は初優勝を飾った。2階級制覇(無差別、212ポンド)は史上初の快挙だ。

オープン、212ポンドと史上初の2階級制覇@mrolympiallcより

 そんなランスフィードの肉体的特徴は、細く絞り込んだウエストとバルクアップした巨大な上半身。この驚くべきプロポーションは日々の欠かさぬトレーニングの賜物だ。

 ランスフォードは大会終了後もトレーニングを続けており、この日は背中のトレーニング。好きなトレーニングの一つと言う高重量のリバースグリップマシンローでその巨大な背中はまるで風船の様に膨らむ。スタートポジションから長いストロークで引くことで、広背筋の側面も効かせることができる様だ。

 コメント欄には「史上最強の背中だ」「この世のものじゃない!」「流石の2階級制覇王者」など驚く声が寄せられた。

 ランスフォードは先述のオリンピアでその頂点に立った後、自身のSNSで「歴史は誕生したが、これは始まりに過ぎない」と来年も連覇を目指すことを宣言したが、さらなる進化にも注目だ。

▶︎次ページは【フォト&動画】これが史上最強の背中だ!“風船の様に膨らむ”広背筋

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・2023年『ミスター・オリンピア』優勝は“小柄な超マッスル”ランスフォード!「歴史が誕生したがこれは始まり」

・フォトショ疑惑の”リアル超人ハルク”、”鉄板を殴る”珍トレーニング!アンチ失笑も

・大人気マッスル美女、人気ビルダーに“しごかれ”下半身強化!「3日間足が痛かった」

・ゴジラ級の“超巨大首”を持つビルダー、衝撃のプロデビュー3位!怪物ボディに「時代を超えた」の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧