TOP > 試合結果 一覧

【バンゲリングベイ】新田明臣、大熱戦のラストファイト!寒川がTKOで須藤に勝利

2008/01/13(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

NPO法人バンゲリングベイ 
「BUNGELING BAY 縁 ~enishi~」 

2008年1月13日(日)東京・新宿FACE 
開場17:00 開始18:00

 

▼メインイベント(第6試合) 75.0kg契約 肘なしルール 3分5R
○寒川直喜(バンゲリングベイ/J-NETWORKミドル級王者)
TKO 4R1分25秒 ※ドクターストップ
●須藤信充(team SUDO/元キックボクシング4冠王) 

 リング下で入念に体をほぐして須藤がリングイン、セコンドには高橋直人が付く。寒川にはついさっき引退試合を終えたばかりの新田と、総合格闘技時代からの盟友である帯谷信弘が付いた。

 1R、いきなり寒川の鋭いジャブが突き刺さる! 須藤はジャブをもらいながらも右ローを返す。ジャブを突きまくる寒川に、須藤は右ロー。ジャブが須藤の顔を何度も跳ね上げるが、須藤も腕の引き際に右フックを合わせようとする。

 寒川のジャブ、須藤の右ローが交互にヒット。ジャブVS右ローの闘いとなった。須藤の右ローを掴んでボディを打ち、顔面へのヒザ蹴りに繋げようとする寒川だが、ヒザ蹴りはことごとくかわされる。

 2R、両者が足を止めた状態で寒川がジャブ、須藤が右ローを蹴ると寒川もローを返し、首相撲に捕まえてのヒザ蹴り。右ローから左右のパンチを繰り出す須藤、寒川はパンチから掴んでのヒザ蹴りだ。寒川のジャブで須藤の右目下が腫れ始め、そこへヒザ蹴りを入れられて須藤は出血。

 ドクターチェックの後、須藤は右ローから左右のフック。寒川はジャブを出してロー、ヒザ蹴り。須藤の右顔面はもはや赤黒く腫れあがっているが、寒川のジャブに右を合わせ、左ボディを叩いて右フックへ繋げる。寒川は怯まずにジャブ&ロー。寒川は須藤のローの蹴り足を掴んでのヒザ蹴りを突き刺す。寒川が蹴り足を掴みに行くシーンが目立つ。

 3R、須藤が圧力を掛けて寒川を下がらせ、パンチのコンビネーションと右ロー、左フック、左ボディが叩き込まれる。左ボディから左フック、右ローから左フック。寒川は組み付いてのヒザ蹴りだ。須藤のアッパーが空を切る。寒川のジャブが入ったところで須藤に2度目のドクターチェックが入る。

 残り1分、須藤がローキック二発から左フック。須藤の左フックにやや足をもつれさせながら後退する寒川。チャンスと見て前に出た須藤は左ボディを強烈に決める。寒川は距離を詰めてヒザを突き上げ、須藤は右アッパー。

 4R、寒川はジャブとワンツー、須藤は右ロー。寒川もローを返すが、須藤の右ローからの左フックがヒット。須藤のローをキャッチしてヒザ蹴りに行く寒川。ここで須藤に3度目のドクターチェック。

 須藤は右目尻をカットし、「出来る! 出来る!」とアピールするも、出血は少ないが傷が深いとのことでレフェリーが試合をストップした。須藤、セコンド共に抗議を続けたが、最後は須藤も笑顔で寒川の勝利を称えた。

「ありがとうございました。須藤選手との今日の試合は、自分が格闘技を始める前からやっている人なんで光栄です。ドラゴとも闘ったことありますが、今日もらった左フックは彼よりも強かったです。

 今日、師匠の新田さんが引退したんですが、これからも新田さんの操縦する船に乗って旅をしていきたいです。方向音痴なのでミャンマーとかに行っちゃうかもしれませんけど、頑張ります」と寒川はミャンマーラウェイへの再挑戦を口にした。

●寒川直喜のコメント
「左のパンチを何発かもらったんですけど、ムチャクチャ強かった。初めて一瞬視界からリングが消えました。ドラゴより全然パンチが見えづらい。タイミングで隙をしっかり突いてくるので、見えないのでそのぶん効いてしまいました。とりあえず天才だったってことで(笑)。

 相手のローは一発目で5Rもらっても大丈夫という感触だったので、スタンスを広くとってジャブを打っていこうと思いました。ヒザも狙っていたんですけど、それは今後の課題。ヒザは少し覚えてきた程度なので。理想としてはジャブで相手が痺れを切らしてきたところへカウンターの一発のヒザで倒すのが目標でした。それは見事に空振りしました(笑)。

 カットしたのはヒザ蹴りでした。カットになったのは体幹がしっかり乗ってなかったからだと思います。乗っていたら脳震盪を起こせたと思う。あれは逆にダメなパターンでした。

 正直、体調が悪かったというのもありました。自分は毎回、体調が悪かったといっているんですが、潰瘍性大腸炎という病気でいつも貧血の状態で血液が行き届いてないんです。それを治すのが今後の課題です。

 しっかりコンディションを整えるために少し休んで、お互い気持ちがいい試合がしたいですね。入院すると生活費の心配があったんですが、今回は入院して治そうと思います。お客さんに申し訳ないですから」


▼セミファイナル(第5試合) 72.0kg契約 K-1ルール 3分3R
○ヤン・カシューバ(Unite-K/ワールド士道館空手ミドル級’05王者)
判定2-1 ※30-29、29-30、30-29
●新田明臣(バンゲリングベイ/UKF世界ミドル級王者)
※新田はこの試合を最後にキックボクサーとして引退

 ヤンがリングインした所で、バブルガム・ブラザースのブラザー・トムがリングに登場。新田から引退する時のリングアナを頼まれていたというエピソードを明かし、「まさかこんなに早くその時がくると思わなかった」と新田をコールした。

 新田の入場口にはアントニオ小猪木、お笑い芸人KICK☆、アンディ・オロゴンらが登場、場内を煽る。そして、新田の登場と同時に場内はお祭り騒ぎ! スタンディングの手拍子で新田を迎え、新田は場内を半周してリングイン。セコンドには盟友ニコラス・ペタスが付く。

 1R、ヤンが左フックからパンチで突進、新田をロープに押し付けてヒザ蹴りを見舞う。新田のローには右ストレートを合わせ、左フックから連打で前へ出る。新田はしっかり両腕でパンチをブロックしながら右ロー、左ミドルへ繋いでボディを叩く。右フックからの連打で押すヤン、新田は右のミドルとローで反撃するが、ヤンにパンチでロープ際へ押し込まれる。それでも右ローを蹴り続ける新田、ヤンが下がると左ロー。パンチの打ち合いを挑む新田だが、これはヤンが制す。

 2R、ヤンは左フックからヒザ、新田は右ロー。新田はボディを叩いて顔面へ繋げるが、すぐにヤンがパンチで押し返す。すると新田は左ミドルの1ダース連打でヤンを蹴りまくり、ヤンの飛びヒザ蹴りにも下がらず左ミドルをどんどん連打していく。

 執拗に左ミドル一本で連打する新田へ、ヤンは右アッパー。蹴り疲れた新田へ連打を見舞うが、新田はすぐに左ミドルを返す。組み付いてのヒザ、至近距離から飛びヒザ蹴りを発射するヤン。新田は苦しい表情ながらローを蹴り返すが、ヤンの首相撲に捕まってヒザ蹴りで押し込まれた。

 3R、連打で前へ出るヤンはロープ際へ追い込んだ新田の顔面へヒザ蹴り、新田がミドルキックで反撃すると掴んでのヒザだ。新田はヤンのパンチを浴びながらも左ミドルの連打、さらに真正面からの打ち合いを挑んでいく。連打からヒザに繋げるヤン、新田は下がりながらも左ミドル連打、ヤンは接近するとヒザ蹴り。離れるとヤンの踵落とし!

 新田は左右のフックを喰らいながらもローを返し、足を止めての打ち合いを挑む! 左右のフックが交錯し、激しく拳が飛び交う! 新田は最後の力を振り絞ってのフック連打。

 ヤンもガンガンと打ち返し、大熱戦の末に新田の左フック&左ハイキックがヒットしたところでゴング! 激しい打ち合いで場内を盛り上げ、新田のラスト・キックボクシングは終了した。

 しかし、判定は2-1のスプリットでヤンの勝利! 新田はキックボクサーとしての最後の試合を勝利で飾ることは出来なかった。

「すいません、負けてしまいましたが挨拶させてください。今の自分に出来ることを全部やったので後悔はないです。ニコラスさんをはじめ協力してくれる人がいたのでここまで出来ました。その協力がなかったらとっくに5年前に引退していました。ありがとうございました」と、マイクでお別れの挨拶をした新田はリング上を一周し、ファンに別れを告げると大きな手拍子と共にリングを去っていった。場内には“新田コール”がこだました。

●新田明臣のコメント
「清々しいです。最後に全員でリング上にならんで写真を撮るイメージをしていたので、それが出来てよかったです。ヤンは強かったです。自分のコンディションがよければ強いとは感じないんですけど、全部自分自身ですから。今日のコンディションから強いと思いました。

 今日は左ミドルを蹴った方がいいと思いました。みんな蹴ると“オーイ! オーイ!”って言うからいいかなって。僕、首の神経が潰れていて足の感覚がなかったんです。だから練習も全然していなくて。

 今回も寒川君が持ったミットを全部で6Rしかやらなかった。それ以外はシャドーもランニングもしていません。動くと不安になってしまい悪いイメージになってしまうので、何もやらずにいいイメージのまま試合をやる方がいいかなと思って。自分としては目一杯やったつもりです。

 これからはエンターテイナーになりたいです。人を喜ばすのが好きだし、人と人を結びつけるのが好きなので。この人とこの人が結びついたら面白いことが出来ると思ったら、それをやっていきたい。バンゲリングベイの自主興行もなるべく早めにやりたいですね」


▼第4試合 フェザー級 3分3R
○出貝泰佑(バンゲリングベイ)
KO 2R2分17秒 ※左ハイキック
●友麻(ファイティングマスター)

▼第3試合 ライト級 3分3R
○藤田祐貴(谷山ジム/MA日本キックボクシング連盟)
判定2-0 ※30-30、30-29、30-29
●飛猿(AXKICK)

▼第2試合 ヘビー級 3分3R
○Edo Ryoma(THE SPIRIT GYM AE)
KO 2R2分22秒 ※右ローキック
●小阪俊二(ファイティングマスター)

▼第1試合 75.0kg契約 3分3R
○加藤和徳(バンゲリングベイ)
TKO 1R1分32秒 ※ドクターストップ
●SENZO(club EDO)

▼セミプロマッチ第3試合 ライト級 2分2R
○梶原洋樹(バンゲリングベイ)
判定3-0 ※20-19、20-19、20-19
●狼鐘闘(club EDO)

▼セミプロマッチ第2試合 67kg契約 2分2R
○林 徹(ファイティングマスター)
判定3-0 ※20-19、20-18、20-18
●鈴木宏典(バンゲリングベイ浜松)

▼セミプロマッチ第1試合 72kg契約 2分2R
○嶋津直樹(ソウルガレージ)
判定3-0 ※20-19、20-19、20-19
●高本博文(バンゲリングベイ)

●編集部オススメ

・【BRAVE】小比類巻太信、新田明臣も出演!震災から4カ月半後に再開

・【バンゲリングベイ】KOICHI追悼マッチでパコム・アッシが桜木をKO

・【バンゲリングベイ】阿佐美ラストファイトで寒川と打ち合い

・【バンゲリングベイ】太陽がCRAZY884をKO!松本は立ち技初挑戦で大健闘

・【バンゲリングベイ】寒川直喜、10カ月ぶりの復帰戦で勝利!継続参戦をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧