TOP > 試合結果 一覧

【Krush】卜部がWKN世界王者をKO、初防衛

2015/05/04(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第7試合 スーパーファイト Krush -60kg Fight 3分3R延長1R
○山本真弘(Golden Globe/IT’S SHOWTIME世界 -61kg級王者)
TKO 延長R 1分54秒 ※レフェリーストップ
●神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK)
※本戦は29-28(山本)、30-29(神部)、30-30

 記者会見で神戸が「もう山本選手の時代は終わりに近付いている」と言えば、山本は「まだまだ僕の時代は続く」と言い返し、勃発した世代闘争。

 1R、神戸のパンチをかわしながら山本は左ミドルを蹴る。神戸が右フックをヒットさせれば、すかさず山本は左フックを返した。

 2R、コンビネーションの中で右ボディブローを狙い打ちにする神戸。左右フック、右ストレートと手数を増やしていく。山本は強烈な左ミドルを2発蹴り込んだ。

 3R、山本が右カウンターをヒットさせた直後、バッティングがあり山本は左目上から流血。手数で攻めてボディブローをヒットさせていく神戸。

 最後は左右フックを連打した。山本は顔面はガードしていたが見栄えが悪いか。

 判定は1-1でドローとなり、延長戦へ突入。山本は接近しての打ち合いを挑むが、手数は神戸の方が目立つ。山本の顔面ヒザで神戸は鼻から流血。ドクターチェックでストップがかかり、山本のTKO勝ちとなった。


 


▼第6試合 Krush -70kg Fight 3分3R延長1R
○TOMOYUKI(センチャイムエタイジム)
判定2-0 ※29-29、30-28、30-28
●松倉信太郎(TRY HARD GYM)

 両者は約3年前に対戦し、TOMOYUKIが延長戦の末に勝利を収めている。

 1R、左へ回り込みながら右ローを蹴る松倉に、TOMOYUKIはジリジリと間合いを詰めていき強烈な左右ボディブローとローキック。TOMOYUKIの左ミドルがクリーンヒットすると、両者ともニヤリと笑い合う。

 2R、TOMOYUKIは時折余裕の笑顔を浮かべ、右ロー、左ミドル、左右のボディブローを次々とヒットさせていく。

 松倉は右ローを集中的に蹴るが、TOMOYUKIの手数に押される。

 3R、松倉の左頬が赤く腫れあがる。TOMOYUKIはアッパーを突き上げ、松倉もアッパーを返すが左ミドルを蹴られる。劣勢の松倉は前に出て右フックを打つが、TOMOYUKIのアッパーで頭が跳ね上がった。

 TOMOYUKIが判定勝ちし、松倉を返り討ちにした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧