TOP > 試合結果 一覧

【Krush】18歳・西京佑馬が2度のダウン奪い王座奪取

2019/03/30(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

乱打戦を繰り広げる東本(左)と横山(右)

▼第5試合 ライト級 3分3R延長1R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 3R 1分03秒 ※右ストレート
〇横山 巧(リーブルロア)

 1R、東本はサウスポー。序盤は横山が右ローを放つと、東本が左ミドルを返していく展開。中盤、横山のローで東本がバランスを崩して倒れ、これがダウンとなった。ダメージは無い様子で、東本は左ミドルから左のパンチを繰り出す。

 2R、左ローとミドルを散らし、バックハンドブローと見せかけて左フックをヒットさせる東本。横山は変則的なステップからよく見て、左右のフックで反撃。終盤にはカウンターの右ストレートをヒットさせた。

 3R、左ミドルで先制する東本に、横山が左右のフックを合わせてダウンを奪う。効いて無いと笑いながら前に出て左ストレートを振るう東本に、横山がショートの右ストレートをクリーンヒットさせ、東本は前のめりに倒れる。東本は立ち上がることが出来ず、第3試合の弟・朋哉に続き横山が圧巻のKO勝利となった。


激しく打ち合った桝本(左)と小倉(右)

▼第4試合 スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
●桝本“ゴリ”翔也(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
TKO 3R 1分15秒 ※右ストレート
〇小倉尚也(24=スクランブル渋谷)

 1R、左ジャブを突き刺し右ストレートとつなげる小倉に、桝本がよく見て左ミドルや右ストレートを返す。中盤、桝本の左フックをかわした小倉が被せる右フックをヒットさせ先制のダウンを奪った。

 2R、前蹴りで近づき左右のフックを放つ桝本に、小倉が被せる右フックをヒットさせる。ぐらつく桝本だが、耐えて左ボディを返す。ヒット&アウェーで距離感も支配し、小倉がパンチでダメージを蓄積させていく。

 3R、左ミドルや左フックで何とか前に出る桝本だが、近距離になると小倉が右ボディからの左フックを当てる。さらに追撃しパンチをまとめて右ローと左右のパンチの連打を連続でヒット。桝本は何とか堪えて左ミドルを返すも、最後は小倉が右ストレートを打ち抜き、崩れ落ちるようにダウンしたところでレフェリーが試合を止めた。

●編集部オススメ

・「気持ちをぶつける」王者・島野浩太朗に西京佑馬は「最終的にはKO」

・神保克哉と藤村大輔が大激闘を予告「壊しの祭典に」

・Bigbang王者・林京平、大岩龍矢に「KO決着でお願いします」

・”Krush最後の王座戦”に挑む西京佑馬、倒して新時代の幕開けに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧