TOP > 試合結果

【新日本キック】緑川創が3R TKO葬、WKBA世界王座を奪取

2019/04/15(月)UP


重森は半年ぶりの新日本のリングに上がる

▼第8試合 日泰国際戦ライト級 3分3R
○重森陽太(22=井原道場稲城支部/前日本フェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも30-26
●ポンシャン・ブレイブジム(29=ブレイブジム)

 2018年12月に、優勝候補に挙げられていた「KING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント」において、ボルドバートル・アルタンドルグーン(23=モンゴル/ MANDAL FIGHTING GYM)にまさかのKO負け。2019年2月に髙橋一眞(24=真門ジム)に勝利して戦線復帰し、新日本キックのリングへ半年ぶりに帰ってきた。

 1R、開幕直後の重森の右ロー2発で早くも嫌がるそぶりを見せるポンシャン。セコンドからの「相手はバランスが悪い」の声に応え、左サイドキックでポンシャンを吹き飛ばして見せる。離れればストレート、近づけば膝で重森の独壇場。

 2R、右ストレートからの右ミドル、ワンツーからの右ミドルで攻める重森。重森はほぼクリーンヒットをもらわないが、左フック、左ローでこつこつと前に出てくるポンシャンに納得がいかないのか、重森が小さく首をかしげるシーンも。

 3R、入り際に右ストレートがカウンターで入りポンシャンが初ダウン。追い込みをかける重森だったが、右ハイキックが単調になったせいか仕留めきれず。採点は問題なく重森を支持したが、本人は納得がいかない形の勝利となったようだ。

 判定後にマイクを持った重森は「半年ぶりにホームに戻りました。KO勝ちを見たいと思いますが、倒し損ねてしまいました。月1でも試合できるので、レベルス対抗戦が続くなら6月でもオファー下さい」と、伊原会長および山口レベルス代表へ向け、ライト級の実力者との対戦を直訴した。


▼第7試合 スーパーフライ級 3分3R
○泰史(27=井原道場本部/前日本フライ級王者)
ドロー ※30-29(濱田)、29-29、29-29
●濱田巧(24=team AKATSUKI)

▼第6試合 63kg契約 3分3R
○高橋亨汰(22=井原道場本部/前日本フェザー級1位)
判定2-0 ※30-29、30-29、29-29
●ジョニー・オリベイラ(41=トーエルジム/日本ライト級6位)

▼第5試合 58kg級契約 3分3R
○瀬戸口勝也(35=横須賀太賀ジム)
判定3-0 ※30-26、30-26、30-25
●拓也(22=チャクリキ武湧会)

▼第4試合 73kg契約 3分3R
○本田聖典(31=井原道場新潟支部/日本ミドル級2位)
TKO 3R 0分08秒
●中川達彦(49=打撃武道 我円/元インターナショナルマーシャルアーツ王者)

▼第3試合 スーパーフライ級 3分3R
○空龍(18=井原道場新潟支部)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-28
●響波(18=Y’s glow)

▼第2試合 ライト級 3分3R
○大谷翔司(28=スクランブル渋谷)
TKO 2R 2分59秒
●千久(36井原道場本部/日本ライト級10位)

▼第1試合 フェザー級 3分3R
○瀬川 琉(19=井原道場稲城)
TKO 1R 2分00秒
●浦林 幹(42=クロスポイント吉祥寺)

 

 

●編集部オススメ

・緑川創がWKBA世界タイトルに挑戦

・世界戦に臨む緑川創「最終章の始まりにしたい」

・伊原代表、レベルスとの5対5対抗戦は「3勝2敗くらい」

・勝次、延長戦の末に惜敗しWKBA世界王座逃す

・江幡睦「武尊選手といずれどこかで交わることが出来たら面白い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果