TOP > 試合結果

【ジャパンキック】プレ旗揚げ興行で石川直樹が5RKO勝利、馬渡亮太がタイ王座を防衛

2019/05/12(日)UP

ジャパンキックボクシング協会
『KICK-Origin』
2019年5月12日(日)東京・後楽園ホール

 新日本キックボクシング協会から加盟ジムの約3分の1に当たる8ジムが独立し、新団体「ジャパンキックボクシング協会」を設立。2019年5月12日(日)に治政館ジム主催興行として「プレ旗揚げ興行」が開催された。

 日本フライ級王者だった石川直樹(治政館ジム)が初代ジャパンキックボクシング協会 フライ級王者に認定され、本興行のメインイベンターとして出場。馬渡亮太、瀧澤博人といった新世代を担う選手が出場する他、MAキック・NKBとの交流戦、日タイ国際戦が組まれる興行となった。

ヒザの連打で儀部を追い詰める石川(左)

▼第12試合 ダブルメインイベント 52.5kg契約 3分5R
○石川直樹(治政館ジム/ジャパンキック・フライ級王者、元新日本キック日本王者)
KO 5R2分23秒 ※ヒザ連打
●儀部快斗(エクシンディコンジムJAPAN/タイRAM100スタジアム114ポンド級王者)

 石川は新日本キックにおいて日本フライ級王者として君臨し、2度の防衛を記録。所属する治政館のジャパンキックボクシング協会への加入に伴い移籍し、ジャパンキックボクシング協会フライ級チャンピオンに認定されている。本戦はジャパンキック王者として初の一戦となる。

強烈なボディブローで石川(右)を追い詰める儀部

 儀部はタイを主戦場とする和製ムエタイファイター。タイRAM100スタジアム114ポンド級王者のタイトルを持ち、今回が初の後楽園ホール登場となる。

 試合は1Rからお互い積極的な打ち合いとなるが、3R、石川が積極的に組みにいき、首相撲からの左右ヒザ・右ヒジを狙い浅くヒット。儀部の左こめかみに赤い筋が走るが、出血には至らない。

 4R、至近距離での儀部の右アッパーから左フックがヒット。石川は動きが止まり、ガードを固め顔面を守る。石川はヒジに活路を見出し、接近してヒジを積極的に狙う。儀部は疲れが出たのか手数が減り、石川がプレッシャーをかけ組みつき、ヒザ・ヒジをヒットさせていく。

追いながらヒザを連続で打ち込み儀部(左)をロープ外に追い出しながらダウンを奪取

 5R、前進し組みつき、ヒザ・ヒジを振るう石川。儀部もボディ、右ローを返すが石川の突進を止められなくなっている。ヒザをボディに受けた儀部は後退し、追いかけるようにヒザを連打した石川が儀部をリング外に押し出しながらダウンを奪取。儀部は立ち上がったもののダメージが見える。後退しながら放つ儀部の右ローもお構いなしに組みついた石川はヒザ・ヒジの連打を浴びせ、儀部がコーナーに詰められて動けなくなったところでレフェリーがストップを宣告した。

 試合後にマイクを握った石川は、まず「ジャパンキックボクシング協会プレ興行、メイン任せてもらったので、KOで決めると決めていた」と責任を果たせたことを観客へ報告。さらに「8月の旗揚げ興行でもメインを任せてもらえうように頑張るので応援よろしく」と、新団体のエースとしての自覚を感じさせるコメントを残し、新団体の門出を締めくくった。


長身から繰り出す伸びのある蹴りを見せる馬渡(右)

▼第11試合 ダブルメインイベント タイ・チェンマイスタジアム認定バンタム級タイトルマッチ 3分5R
○馬渡亮太(治政館ジム/王者)
KO 5R 0分45秒 ※右フック
●ペットモンコン・ソウジンンジャルンカンチャン(タイ/1位)

タイトルマッチに先駆けワイクルーを披露する両者

 馬渡は2018年を5戦して負けなし(4勝2KO1分)で終え、2019年初戦となった1月の試合も1RKO。昨年9月にはタイ第2の都市・チェンマイでチェンマイ・ボクシングスタジアム認定バンタム級王座を獲得し、波に乗っている。

 1R、双方リング中央で前足でリズムを取りながら、馬渡はオーソドックスからの右ミドル、ペットモンコンはサウスポーからの左ミドルを単発で打ち込む静かな立ち上がり。手数はほぼ互角だが、馬渡がやや主導権を握る印象。

 2R、馬渡がプレッシャーを強め前進。強烈な右ミドルを当てるが、ペットモンコンも左インローを返していく。馬渡が長身をいかしジャブから右ミドル、接近してヒザをボディに打ち込む。ペットモンコンも合わせてパンチを打ち返すが、懐の深い馬渡に届かず。馬渡の右ミドルで後ろに下がる展開が続く。

 3R、引き続き馬渡が前進が右ミドル。ペットモンコンが左ロー、左ミドルを打ち返すが、馬渡は返しの左右フックから組んでヒザを積極的に当てていく。ペットモンコンは両手を前に出し馬渡のパンチを封じにかかるが、お構いなしに打ち込む馬渡の左フックから右ストレートの返しがヒットし、ペットモンコンはロープに押し込まれる。

 4R、開始直後にペットモンコンが左ストレートから左ミドルを2連打し前進するが、馬渡はロープ際で体を入れ替え再び前進。右ミドルでコーナーに追い込み深く左ボディを打ち込む。馬渡は左前蹴りでペットモンコンのバランスを崩し、左右フックから右ヒザにつなぎペットモンコンを追い込む。ペットモンコンは表情や態度にダメージを受けた様子を出さないが、左ミドルが単発になりコンビネーションが出ない。

 5R、馬渡が前進しプレッシャー、左ローでバランスを崩したペットモンコンがロープに絡まる場面も。再開後に馬渡は左右パンチでコーナーに詰め、パンチの連打から突き上げた左ひざが青ボディを直撃。返しの右フックが顔面をとらえ、天井を見上げたペットモンコンはそのままコーナーに崩れ落ち、レフェリーがストップをかけた。

 タイトルの防衛に成功した馬渡はマイクを握ると「ジャパンキックは自分が盛り上げていく」と力強く宣言。新団体エースの一角に名乗りを上げた。

▶︎次ページはセミファイナルほか全試合結果

●編集部オススメ

・日本王者・石川直樹がWMC王者・山田と激突

・瀧澤博人「一瞬のチャンスを掴んで倒したい」

・2018年負けなしの馬渡亮太「4Rか5Rに倒したい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果